すぐに化粧崩れする方!崩れないメイクはこうする

特に極端に暑い時期や寒い時期というのは、汗や乾燥で化粧崩れがひどくなると思いませんか。

もちろん、長時間朝にやったメイクがキープできるという方は少ないと思いますが、この化粧崩れは人によって強弱がありますよね。

できれば化粧崩れはしたくないのが女心です。そこで、ここでは、化粧崩れをなるべくしない方法について紹介したいと思います。最近、化粧崩れがひどくて悩んでいるという方、是非参考にしていただき、早速今日から化粧崩れ予防をしてみてください。

メイクだけではなく、基礎化粧品をつける際にも注意する

メイクだけにこだわっていては化粧崩れは直せません。
例えば、「メイク崩れのしにくい」ファンデやBBクリームなどを購入しても効果があまり見えないという方、それだけではいけません。メイクの前の基礎化粧品にする際にもきちんとこだわるようにしましょう。

まず知っておいていただきたいのが、化粧崩れの原因のほとんどがお肌の乾燥であるということです。
お肌の乾燥がひどければひどいほど化粧崩れは起こしやすくなります。ですから、お肌をきちんと保湿することが化粧崩れを起こしにくくするための1つの方法なのです。

メイクは毎日するでしょうから、毎日夜お風呂に入った後の基礎化粧品をつける際にこだわりましょう。
化粧水は手のひらにつけ、人肌に温めてから顔に塗ると、皮膚の奥まで化粧水が浸透しやすくなります。これをするだけでいつものお肌の状態と全く異なるでしょう。

さらに、化粧水だけではお肌が乾燥してしまいますから、その後につける「油分」となる乳液もギュッと肌に押さえつけるようにしてつけると、肌にしみこむので、夜もそうですが、朝、基礎化粧品をつける際にもこういった方法をとるようにしましょう。

下地やファンデはうっすらと塗る

化粧崩れには保湿だ、それならば厚めに水分のあるものを肌に塗れば化粧崩れは起きにくいと思った方、それは間違いです。

逆に圧塗りは肌が乾燥しやすくなって、化粧崩れを起こしやすい原因となりますので要注意です。ですから、下地やファンデーションは、うっすらとつけるようにしましょう。また、まんべんなくそれらをお肌につける事もポイントです。

きちんと均等に塗らないとムラができ、化粧崩れをする前にメイクがきれいに映えません。

定期的に保湿をする、また多少の化粧直しもお忘れなく

前夜、また朝にも基礎化粧品をちゃんとつけた所でお肌の水分は徐々に飛んでいってしまいます。

特にオフィスワークなどをしている方は、オフィスでエアコンの風などにあたって余計に乾燥を招いてしまいます。

ですから、ある程度時間が経ったら保湿をするようにしましょう。ミストなどが売っていますが、これは逆に乾燥を招いてしまう方もいますので、ご自身の肌質にあったミストや、保湿成分配合の保湿液などを使用するようにしましょう。

特に、アレルギー肌やかなりの乾燥肌という方は、セラミド配合の物にすると、バリア機能を回復する働きがあるので、乾燥を防いでくれる働きがあります。
また、適度に保湿するだけではなく、毎日必ず化粧直しはするようにしましょう。ただし、圧塗りは禁止です。必ず薄くまんべんなく肌にファンデーションなどを塗るようにしましょう。

乾燥肌の方は、クリーム系のものを薄く塗ることをおすすめします。
そうすればムラもなくなりますし、肌へのダメージも少なくなり、化粧直しをする回数もぐんと下がります。