冬の電気代節約術!節電対策と上手な家の暖め方

寒い季節になってきましたね。冬はとにかくお金がかかる!暖房に防寒着の購入。お布団も温かいものに買い替えたり、夏の生活が引き算なら、冬は足し算の季節。財布の紐もゆるくなりがちです。

そんな散財しがちな冬ですが、少しでも節約したいものです。どうすれば、お金をセーブできるのでしょうか?上手な冬の節約術について考えてみたいと思います。

エアコンの上手な節約法

部屋に備え付けのエアコンで暖を取っている方も多いと思います。エアコンは非常に電力を使う代表選手のような存在。最近では、エコをテーマに電気代を節約できるエアコンも増えていますが、電気代を節約したいがためにエアコンの買い替えをするのもバカバカしいですね。

しかし、エアコンの暖房モードで部屋を暖めています!という方にも上手な節約法があります。それは、設定温度とオン・オフの方法です。

そもそも、エアコンが最も電気を使うのは、どのタイミングでしょうか?答えは室温を設定温度まで上昇させるタイミングです。つまり、スイッチをオンにした瞬間から、設定温度に達して動作を停止するまでの間です。しばしば、エアコンの設定温度を下げましょう!と呼びかけるポスターを目にしますが、それは、設定温度に達するまで時間がかかり、その間、どんどん電気を消費するからです。

さらに、見落としがちなのが、節約をしたいがために、こまめにオンとオフを繰り返すこと。エアコンは電源を入れた直後に最も電力を消費しますから、車のアクセルをフルで踏み込んでいるのと同じで、効率が悪いことになってしまいます。

もっとも効率の良い使い方は、設定温度を低めにして、「自動運転」モードにすることです。

その窓から冷気が入っていますよ

家に帰ると、部屋は寒々。しかし、何故、部屋は寒くなるのでしょうか?それは冬だから・・・。そんなギャグを飛ばしていても仕方がありませんが、部屋を寒くする根本原因を理解しましょう。寒くなる原因は、窓ガラス越しに伝わる冷気と、スキマから入る冷たい空気です。

密閉性の高い家でも実は隙間があることはご存知でしょうか?なぜならば、完全密封にしてしまうと、窒息するし、部屋の空気も悪くなってしまいます。どんな家にも空気の流れができるように工夫されている訳です。しかし、この隙間が冬の寒さを演出します。

そんな時は、部屋のドアの下部分にスポンジ状のテープを張りましょう。スポンジで出来ているため、床を傷つけることはありませんし、最低限の空気も通します。その上で、寒い空気の流れを軽減することができるのです。

ガラス越しに伝わってくる冷気はどうしたら良いのでしょうか?

ポイントはカーテン。カーテンを厚手のものにすることで、窓の冷気をシャットアウトすることができます。加えて、夏も強い日差しを避けることができて、クーラーの冷たい空気を部屋に滞留させることができる優れモノなんです。この際、思い切って厚手のカーテンに変えてみましょう。

こたつを使おう!

部屋を暖めるのも良いですが、思い切ってコタツを使う方法もあります。コタツは狭い空間を布団で完全密封する仕組み。すぐに温かくなる一方、中々温度が下がりません。つまり、電気を使って温めている時間が比較的少ない暖房器具です。部屋全体を暖めるより効率がよいのです。

もし、コタツへシフトチェンジするなら、布団を二枚重ねにすることがおススメ。若干、重いと感じるかもしれませんが、魔法瓶のように熱が外に逃げにくくなり、より長い時間、保温効果が期待できますよ。