働く女性必見!化粧崩れしにくいベースメイクの方法



働く女性のメイクの悩みでいつも上位に上がることではなんでしょうか。化粧崩れです。

朝メイクをして、夜までメイクを同じ状態にキープすることというのは非常に難しいですよね。でも、仕事の時は時間が無くて、メイク治しなんてすることができないという方は、なるべく化粧崩れは避けたいという方は、ベースメイクにこだわらなければいけません。
そこで、本日は、働く女性必見な化粧崩れしにくいベースメイクの方法をご紹介します。

洗顔の仕方からこだわろう

まず、ベースメイクを整えるためには、肌の保湿が重要なポイントとなってきます。
できれば、朝の洗顔はやめましょう。皮脂が浮いていて嫌だと思う方も多いかもしれませんが、朝の皮脂は、「肌に1番合う美容液」と言われるくらい肌にとって良い皮脂です。
ですから、洗顔は夜のみにしていただきたいのですが、その際の洗顔の仕方は、肌にダメージを与えないよう、しっかりと石鹸を泡立てて、こするようにではなく、肌にそれを押しつけるようにしましょう。

それだけで肌の汚れは落ちます。その後に、人肌程度に温めた牛乳で洗顔してあげます。
牛乳には保湿成分が多く含まれていますから、肌の保湿にも良いですし、化粧のりをよくするためにも効果的です。
洗顔の後はしっかりと化粧水や乳液を使って肌にさらに保湿効果を与えてあげましょう。

化粧下地を塗る際にはつけすぎ注意

化粧下地さえしっかりしていればベースメイクは崩れないというようなイメージもあるかもしれませんが、実はその逆です。
ベースメイクは確かにしっかりしなければいけませんが、つけすぎは逆にメイクの状態をキープする事を妨げてしまうのです。
ですから、化粧下地は、適量を肌にムラなくまんべんなくつけることがポイントとなります。

ファンデーションもつけすぎ注意

ファンデーションも化粧下地と同じく、つけすぎは、時間が経ってくるごとに肌がカピカピ状態になってきてしまい、化粧崩れは避けられません。
ですから、ファンデーションは薄くつけるようにしましょう。厚塗りしてしまうと、白く浮いてしまいますし、肌への大きな負担がかかってしまいますから、メイク崩れだけではなく肌荒れなども起こしてしまうので、注意しなければいけません。

ファンデーションを塗る時には、肌にポンポンとたたくようにして塗るのと、つけすぎることを防げます。 さらに、ファンデーションが薄く均等につきやすくなるというメリットがあります。
また、ファンデーションは必ずご自身の肌の状態に合った物を選んで使うようにしましょう。そうすることでメイクの肌馴染みをよくしますし、肌荒れ防止のためにもポイントとなります。

日頃のお手入れも大切

026812ベースメイクをする際には保湿とメイクの仕方にこだわらなければいけないのですが、それだけでなく、たまに顔の産毛をそってあげましょう。
そうすることで、メイクが馴染みやすくなり、保湿もしやすく、肌のトーンも毛が亡くなることによって上がりますから、メイクがきれいに仕上がりますし、化粧崩れも防げます。
さらに、産毛はニキビの原因ともなりますから、ニキビによる肌荒れを防ぐこともできます。

これで化粧崩れを今までよりも大分防ぐことができるはずです。
これに更に保湿が常にできるようにミストなどを持ち歩くと、より化粧崩れを防ぐためには効果的なものとなりますので、用意しておくと良いでしょう。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る