ブーツで足が匂う!臭い足の正しいケアの方法



秋も過ぎて冬が近づいて来ると、ブーツが手放せません。可愛いし、暖かいしで、一挙両得!?

ところが、気になることが一つ。それは、ニオイです。ブーツを履きたいけど匂いも気になる。こればっかりは、ブーツをこよなく愛する女性の永遠のテーマですよね。昔、学生の頃、足が臭い!と感じたら、履物の中に10円玉を入れれば良い!銅が匂いを吸収してくれる・・・。なんて、浮説(デマ!)が、まことしやかに話されていたものですが、もちろん、10円玉を入れようが、100円玉を入れようが、ニオイは絶対に消えないのでした。

では、どうすれば憎いブーツの底から湧いて来る匂いをやっつけることができるのでしょうか?

原因は脱ぎっぱなし!?

ブーツのチャックを下して、足を自由にした後、ブーツを履いていたことすら忘れて、リビングへ移動。そのままソファーへドン。まるで、1日中ブーツと一緒に過ごしていたことを忘れてしまったかのように脱ぎっぱなしという方が大半ではないでしょうか?

しかし、これが明日の匂いの原因になってしまいます。

女性はストッキングを履いているため、足が蒸れやすく、ジメジメとした空気を靴の中に貯めこみがち。靴ならまだしも、ブーツともなると、一旦、中でかいた汗は、外へ逃げることなく、ブーツの裏地が吸収していしまいます。つまり、雨の日に濡れた靴をそのままにしておくと、あの特有の嫌な臭いが湧いて来るのと同じ!

つまり、家に帰ったらすぐに乾かすのが吉というものです。

最も、乾燥剤と消臭剤をブーツの中に入れるのがベストですが、毎日、そんなことをしていてはお金がいくらあっても足りん!という訳で、新聞紙を活用しましょう。

新聞紙は水分の吸収が抜群によい性質を持っています。また、丸めやすく、入手も簡単。だって、毎日読むものじゃないですか。

入れ方は、出来るだけブーツの奥の方まで入れること。なぜならば、足の中で最も汗をかくのは足裏だから。また、お風呂で足の指先まで毎日丁寧に洗う方なら良いですが、足の指は汚れが溜まりやすく、菌も繁殖しやすい部分です。その指先が当たる部分までしっかりと乾燥させたいものです。

シャワーはダメ!しっかりとお風呂に入ること

帰りが遅くなると、お風呂へは入らずシャワーで済ませてしまうという方もいるでしょう。しかし、これも匂いの原因。足の角質が柔らかくならず、古い皮膚が中々落ちません。シャワーばかり浴びていたら水虫になった!なんて残念な方もいるようですが、そこは、しっかりとお風呂に入りたいものです。

しっかり、湯船につかり、足の先まで清潔にすることもブーツ臭を防止する立派な方法です。なんだか、ブーツが臭いナ!と感じたら、シャワーではなく、お風呂に切り替えて清潔を保ちましょう。

ちょっとした心がけですが、案外、こんな小さな取り組みで、ブーツ臭を防ぐことができるのです。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る