24時間営業中!深夜の羽田空港はこんなところ



台風9号が沖縄に迫る中、大失敗を犯しました。

まさに台風が直撃するその日に、あろうことかホットスポットの沖縄観光の予定を入れてしまっていた筆者。

運が良いのか悪いのか、激安ツアーで申し込んだため、台風直撃の日の第一便に乗ることに。飛行機はギリギリ運行しそう(執筆時点)ですが、いやはやイザ那覇に到着してもホテル内でバカンス(泣)というハメになりそうです

泣いてばかりはいられない!ということで、夜の羽田空港国際線ターミナルを探検してみたいと思います。なぜ、「夜」なの?と思われるでしょう。それは、航空券が激安だから・・・。前日から空港で待機して、日の出と共にGo!する航空券を買い求めてしまったからなのです。

女性のお泊りも問題なし!?

一言に羽田空港と申しましても、3つターミナルがあるのです・・・。ご存知でした?知ってたらすみません。国内線の第一、第二。そして国際線ターミナルの3つですね。

国内線ターミナルの営業時間は、最後の便が到着するまでと、朝は5時頃からしか開かないんです。テレビや新聞・雑誌で羽田空港が24時間と謳っているのは国際線ターミナルのみ!お間違えなく。

成田空港と比較するとややコンパクトな印象を受ける羽田空港国際線ターミナルですが、さすが24時間空港だけあり、いつでも空港で過ごせるだけの施設が揃っております。

シャワールーム

シャワールーム

多くの飲食店は残念ながら夜22時半から0時までの間に閉店してしまうのですが、モスカフェ、吉野家、カフェピスタといった食やお茶、お酒など各ジャンルから最低1件は開いているため、時間を持て余している方には持って来い!

さらにさらに、シャワールームまでございました。

30分1000円と、野口英世先生が1名お財布から消えてしまいましたが、湯量も十分ある温かいシャワーでリフレッシュすることもできます。羽田空港は女性の冷え性を意識してか、比較的温かめの気温設定になっており、食事やコーヒーでお茶をした後に、少し汗をかいちゃったよ!という人でもシャワーが24時間サポートしてくれます。

ただし、アメニティはドライヤーとシャンプー、リンス、ボディーソープ、綿棒のみ。櫛や歯ブラシなどは付いていませんからご注意を。

そのほか、展望デッキも24時間出入りできますから、外の空気なんかでリフレッシュもOKですよ。

夜の雰囲気はこんな感じ

ベンチで寝ると言うこと・・。

ベンチで寝ると言うこと・・。

深夜1時頃までは離発着する飛行機がある羽田空港。そのため、人通りも多く、歩く人の国籍も様々。まるで国際会議の現場にいるようです。(何となく、筆者の感覚で東京フォーラム=羽田空港の建物が似てたので)

ところが、1時を過ぎると人通りもほぼなくなりシーンと静まり返ります。でも、誰もいなくなってしまった訳ではありません。な、なんと、ほぼ空港内のベンチはベッドと化し、男も女も性別問わずゴロンと寝てしまっている状況。

なんとなく、シュールな雰囲気・・・。ということで、写真をパチリ。案の定誰も気にしない・・。と胸をなでおろしたところで、ギギギー、ガガガーと工事の音が。あれ?0時を回るまで何もなかったところに部屋が出来ている!!

よく空港や駅で見かける○○物産展のようなイベント事ですが、その準備は深夜に行っていたのですね。サンドウィッチマンさんのコントではありませんが、「昨日まで何もなかったところにハンバーガー屋が出来てるな。興奮してきたな!」的なことが、ここでは行われている訳です。

深夜に工事してるんですね。

深夜に工事してるんですね。

工事の音はさておき、ベンチをベッド代わりにしている方たちは、このガガガー音でもスヤスヤと熟睡していました。ただし、盗難には気をつけたいものですね。

そして、朝の4時。空が徐々に白み始めた頃、自家用車の送迎などで空港に到着してきた人たちで少しずつ、賑やかになってきます。

もし、深夜の羽田空港を探検してみたいなら、午前1時~4時までの時間帯がおススメ。この時間帯は本当に静かで、何だかワクワクさせられました。・・・そんな人、いませんかね?


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る