眠れない人必見!こんな生活スタイルで睡眠障害を克服



以前からどうにもこうにも朝方まで寝られない!!という状態で、ほとほと困っていた筆者。医者にはハッキリとした病名は言われないものの、「眠りやすくする薬」を出しましょう。と言われ、これって、睡眠障害という奴ではないの?と一人悩む日々でした。

どんなに徹夜しようとも朝の4時頃まで眠くならなかったのです。その後、急速に眠気が襲い、倒れるように睡眠という昼夜逆転状態。しかし、朝の7時には会社へ出勤するため無理やり起床。そんな毎日を1年続けていました。体がだるくてだるくて仕方がない!しまいには、仕事をもっと余裕のあるものにすべく転職する羽目に。

さらに、医者からもらった薬も全く効かず、藁をもすがる気持ちで色々調べてみたところ、ウィキペディアにありましたよ。睡眠相後退症候群という一種の不眠症。

筆者を悩ます朝方まで寝付けない!でも一度寝ると、まさに泥のように寝てしまうという症状。深く頷いてしまうほど合致していました。正直、医者も信頼できなかったので、自分でライフスタイルを見直すことに。そして、2か月で克服しました。あれほど、治らなかった睡眠障害が2か月で。本日は、私がどのように克服したかをご紹介します。

最近、アミノ酸足りてますか?

筆者の場合は、全く眠れない訳ではなく、「朝方まで寝られない」という状況でした。つまり、どんなに努力しても自動的に昼夜逆転してしまうという症状です。これは、一種の時差ボケのようなもの。海外旅行で欧米に行ったことのある方なら分かるはず。地球の反対側に飛行機で行くと、日本の夜が向こうの昼ですから、昼間にも関わらず眠気眼を擦りながらの観光になったはずです。

これを治すには、体内時計が夜の時間に「今は夜である」と認識してもらわなければなりません。もちろん、口で今は夜だ!などと言っても仕方がありませんから、「あるもの」で調整するのです。

その「あるもの」とは・・・。太陽なんです。体は、太陽の光を浴びる時間から昼と夜を認識します。

ですが、睡眠障害はこの本能的な時間調整機能が正しく作動しないことで発生します。

この原因の一つが、メラトニンとセロトニンという睡眠ホルモンが不足していることによるもの。セロトニンは気分を高揚させるなど元気の素ともいえるもので、メラトニンは気分を落ち着かせ睡眠へ誘う働きをします。

これらのホルモンを作り出すのが、トリプトファンというアミノ酸。つまり、このトリプトファンを効率よく摂取すればホルモンバランスを整え、正しく時差ボケを治せるということです。

そこで、筆者が試したのが、豆乳、牛乳、チーズ、そば、納豆、ヨーグルト、アーモンドのどれかを毎日欠かさず食べることにしました。これらは、すべてトリプトファンを多く含む食材です。全部食べようと言いたいところですが、実際、毎日全種類食べるのは困難です。それより継続することが大切。その日食べられるものだけを摂取することにしたのです。

肉もいいけど魚も食べましょう

筆者はお肉が大好きです。実は、お肉もトリプトファンが多く含まれる食材です。

しかし、魚を率先して食べました。というのも、魚に多く含まれるDHAには、ストレスや不安など、気分的な落ち込みを改善する効果があるという研究結果があるそうです。

また、肉も適度に食べることは大切ですが、高血圧も睡眠の敵。なら、昼食は多少の肉類を食べて夜はヘルシーに魚料理に切り替えようと決めました。

筆者は医者ではありませんから、因果関係はDHAを多く摂取した、体に優しい魚を毎日食べるようにした以外の科学的根拠は分かりませんが、魚料理を多く食べるようになってから、何だか体がスッキリし、睡眠サイクルも改善したことを実感できました。

夜のデジタルサヨウナラ

ブルーライトは快眠の敵よく言われることですが、テレビ、スマホなどブルーライトを発するデジタル機器は頭を覚醒させてしまい、不眠の原因になるものです。これらをベッドに入る1~2時間前から厳禁にしました。

加えてお風呂に入るのも早い時間へ変更。人は体温が下がるタイミングで眠くなるそうなんです。ですから、入浴直後の高体温では眠りが妨げられます。

帰宅→入浴→食事→少し音楽を聴きながら休息→睡眠

こんなイメージの過ごし方を心がけたのです。

食事や帰宅後の時間を、以上の通り変更したところ、徐々に正常な時間に眠くなり、いつしか昼夜逆転も治っていました。

もちろん、これはあくまで筆者の体験談ですし、医者の指示を優先すべきです。しかし、同じ悩みを持つ方の参考になればな・・・と思います。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る