女性が一生働くためのベストな方法とは?

新年度を迎えるこの季節、何だかワクワクやる気が湧いてきますね。

資格取得、ヨガ教室、料理教室、英会話などなど、 何か新しいことを始めたい!と思っている人は多いのではないでしょうか。

やる気の出やすいこの季節、スキルアップにつながる資格の勉強を始めませんか?
今がチャンスです。
働く女性が増えた、女性の働く環境が整ってきたと言われています。
キャリアを積んで仕事を任されるようになり、 プロジェクトのリーダーになった、〇〇課長になった等 女性の躍進もよく耳にするようになりました。

しかし、世界の国に比べるとまだまだ日本は女性の登用が低いと言われています。
実際働いていて、業種や職種にもよるでしょうが、まだまだ男性社会だと感じる場面も多いのでは。
以前より改善されたとはいえ、お茶くみ、コピー取り等多くの雑用が女性に回ってきています。
賃金の面でも同じ仕事をしていても男性の方が多くもらっている…と思うことも。

そのうえ、第1子の出産を機に仕事を辞める女性が多いです。
家庭の事情等、そう選択せざるを得なかったとはいえ、
せっかく積み重ねてきた実績、スキル、地位など様々なものを諦めてしまわざるを得ない女性が多いです。
女性は子育てや介護など、男性に比べて家庭の事情を考慮せざるを得ないことが多くなります。

そこで、働くスタイルを自分で決めることができる、雇用にとらわれない働き方も視野に入れて、
将来は独立することも視野に入れた資格を目指しませんか。
独立するのは大変ですが、自分が頑張っただけの成果は自分に跳ね返ってきます。

女性に人気があって比較的取得しやすいと言われているものが、ファイナンシャルプランナーと行政書士です。
ファイナンシャルプランナーは税金、保険、年金などの幅広い知識と視野を持ち、将来設計をするお金のプロです。
実生活に非常に役立ちます。
転職の際の武器になりやすく、企業の中で活躍することも、独立して活躍することもできる人気資格です。

また、行政書士は、書類作成業務や官公署への書類作成提出業務、契約書作成業務など身近な法律のスペシャリストです。
出産後、独立して行政書士になった女性も多いです。

さあ、あなたも自分の将来を考えて、資格の勉強を始めましょう。