加齢と共に卵子減少!若いうちにEGG減少を認識する必要性



近年では、卵子の老化がだんだん社会問題化してきています。
今も昔も、卵子の老化は女性にとって必ずおとずれていたものです。
近年になって始まったことではありません。

ではなぜ、卵子の老化が社会問題になってきたのでしょう?

そこには、女性の晩婚化が大きく影響しています。
仕事や出会いのない生活が原因で、男女ともに初婚年齢は遅くなっています。
それに伴い、女性の初出産の年齢も遅くなっています。
35歳以上に初めて妊娠した女性を「後年初産婦」と呼びます。
後年初産婦は、年齢を重ねるごとに妊娠にも出産にもトラブルが発生する確率が高くなっていきます。
テレビなどで40歳を過ぎたタレントさんが妊娠・出産されたというニュースを見て、安心してはいけません。
このようなケースは、多くはないからです。
40歳を過ぎると、自分の力で自然に妊娠することができない女性が多くなってしまうからです。

ある、産婦人科の先生は
「近年、本当に流産する妊婦さんが増えました。今は流産が珍しいことではないのです。特に、最近は初期流産が多くみられます。年齢層はいろいろですが、やはり35歳以降の年齢層に多いです。35歳以降になってしまうと、明らかに流産や不妊が増えます。年を重ねるごとに子供を元気に産むどころか、妊娠さえできなくなっていきます。30を過ぎたら、女性は一月でも早く妊娠する努力をしなくてはいけない年だと考えるべきです。」
と話されました。
そして、最後一言、
「子供を産むと、あなたの人生にとって子供の命より価値のある仕事はないと思えるでしょう。子供って、そういう存在ですよ。」
と、付け加えられました。

でも、今の20代の女性の現実はどうでしょうか。
学校を卒業し、やっと就職先を見つけ、ようやく環境になれた頃なのに、なかなか結婚のことまで考えられないですよね。
しかし、ある結婚相談所の相談員によると
「女性は30代になると、男性から選ばれる確率が急に低くなります。相談所の入会でさえ、30代では遅いと考えるべきです。」
とおっしゃっられました。
結婚に対して「まだ若い」という考え方は20代前半までで終わりにした方が良いのかもしれません。
早めの努力で苦労の少ない妊娠・出産をして、素敵なママになってください。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る