合わせやすい柄は?マフラー・ストール選びのポイント

マフラーの柄トレンド
[記事:恋ピット編集部]

冬のおしゃれに欠かせないアイテムといえば、マフラーやストールですね。
首元をしっかり温めてくれるだけでなく、コートや帽子と合わせてコーディネートすればオシャレ度もぐっとアップする魅力的なアイテムです。

でもどんな色を使えばいいかわからない、柄物はリスクが高すぎて選べない、どうやってまけばいいかわからない、など意外と取り入れにくいアイテムでもあります。
ですが、思っているよりもずっと簡単にマフラーやストールを取り入れることができるんですよ。大事なことは、アウター等との色と見せ方のバランスだけなんです。具体例を以下で紹介しますね。

マフラーやストールはチェック柄がおすすめ


まずマフラーやストールの柄ですが、定番柄の一つであるチェックは割とどんな無柄の単色アウターにも合わせやすい優れもの。特に最近では英国っぽいチェックは、上品で落ち着いた色合いの中に鮮やかな赤や青が入って華やかに見えるのでお勧めです。

チェックのマフラーを無地のコートに合わせると、抑え気味なアウターファッションも一気に豪華に見えます。巻き方も、凝った巻き方よりも自然に首の周りにくるっとふんわり巻くだけでO.K。
小顔効果も高く、首元も温かくなるので女子の大敵である冷え対策としても完璧です。

黒系は楽々コーデの王道

次におすすめなのが、黒やブラックなど抑えたカラーのマフラーやストールです。これはアウターがカラフルな場合や柄物の場合にコーデしやすいもの。
華やかなアウターをワンポイントでぐっと引き締める役割を果たしてくれます。ふわっとまくよりも、端をあまり垂らさずに首元でまとめてしまうとすっきり落ち着きや品格を漂わせることができます。

一押しなのは、ブラックのロングコートの上に華やかなボルドーカラーや深緑などの奥深いカラーのストールをふわっと羽降り、巻かずに前に自然に流すコーデです。
シンプルなカラーのアウターに細身のボトムス、そしてホワイトやオフホワイトなどのモノトーンのトップスのなかに、ワンポイントとして目を引く上品なカラーをマフラーやストールで取り入れることで、ぐっと女性らしさやセクシーさを演出することができます。

ストライプ柄は盲点!?着やせしやすい

おしゃれ上級者になるとストライプの模様もおススメ。模様の縦縞がちょっと着膨れしていても細身に魅せてくれるので、上手に取り入れたいもの。カラーはアウターに合わせて、明るい色合いなら落ち着いたモノトーンを。
モノトーンのアウターなら色の明るいものをなど使い分けるとしっくりします。巻き方も縦縞が活きるように、軽く前で合わせて垂らすとさらに縦長効果が得られます。

ストールやマフラーは、防寒具としてだけでなくファッションアイテムとして冬には欠かせないアイテムです。色やデザインだけでなく、マフラーやストールの端のデザイン等も考えて、いろいろ遊び心を効かせたりしてコーデを楽しむことができます。

マフラーやストール選びの考え方のベースとしては、ワンポイントとして使うのか、それとも全体を引き締めるためのアイテムとして使うのかです。アウターを含めたコーデの中にどのようにマフラーやストールを活用するのか見きわめ、色や巻き方をその都度柔軟に合わせて冬のファッションを楽しみましょう。