子供の将来を見据えた習い事。最低年間コストはいくら?



子供の将来を考えた習い事選び。そこで問題になるのは、わが子に向いている習い事かどうかということと、コストの問題。特にわが子が大人になった時、プロとして活躍させたいと考えるなら途中でお金が払えない!という問題は絶対に避けたいもの。

本格的にプロの道へ進ませたいと考えた場合に必要な年間維持費はいくらくらいになるのでしょうか。そこで、各習い事ごとにプロとして学ばせた場合に必要な年間コストを調べてみました。もちろん、学ばせ方により、コストは変わってきますが、必要な資金の参考になれば幸いです。

芸能人入りも!?ゴルフのプロを目指す場合の年間コスト

宮里藍や石川遼選手など、ここの所、若手の活躍が目立ちます。そしてテレビのバラエティ番組にも頻繁に登場。ゴルファーとしてだけでなく、芸能人として活躍の場を広げています。

そんなゴルファーですが、ジュニアスクールに通わせてみっちり学ぶ。そんなスタイルが注目を集めています。厳しい指導でメンタル面も強化する。技術だけではない。そんな教育をモットーとするスクールも多いようです。

気になる年間コストですが、会員制ゴルフ情報サイト・ジーアテンドのサイトに興味深い記事が掲載されています。プロコーチ・井上透氏のインタビュー『井上プロのジュニア育成メソッド』では、年間約120万円~200万円と見積もっています。

また、練習時間は毎日3時間程度必要とのことで、結構、コストと時間、親子ともども体力がいる習い事かもしれません。

学校帰りに3時間のレッスンを行う前提で考えれば、送り迎えや食事の準備、体調面の管理など、生活の中心が子供になってくると言わざるおえません。それなりに覚悟は必要ということでしょうか。

世界で活躍!?楽器奏者を目指す年間コスト

実は、筆者は中学~高校時代にバイオリンを学んでおりました。それなりに詳しいこともあり、バイオリンを例にご紹介したいと思います。

バイオリンを学ぶときに一度は耳にする名前と言えば、鈴木鎮一氏のスズキ・メソード。バイオリンの技術だけでなく、教育者としても優れた才能を発揮した鈴木氏の教育プログラムです。このプログラムを使ってプロになられた方も多くおり、同じプログラムが町の音楽教室でも格安で受講できるとあって人気です。

ですが、最終的にプロを目指すなら、”誰に師事するか”が重要。それなりに名前がある講師につく場合は、1回のレッスン料も軽く1万円は超えてきます。月額では、10万円~15万円は必要と言われています。つまり、年間120万円以上は必要ということです。

さらに、バイオリン自体の金額もピンキリで、練習用のもので10万円台。プレミアものなら数百万から数千万円かかります。もちろん、初めから数百万円もする楽器を購入できる訳はありませんが、音大も見据えて考えると、ある時点で多大な出費が必要ということなんですね。

なお、自宅での練習は毎日必要です。筆者の場合、3日サボっただけで、感覚がリセットされてしまうような印象を受けました。防音の部屋を用意することも必要になってきます。

氷上の芸術家!フィギュアスケーターを目指す年間コスト

浅田真央、織田信成選手など、冬季オリンピックの花形と言えば、フィギュアスケート。スポットライトを浴びて、わが子を活躍させたいと思うのも親心です。

レッスン料は年間約100万円前後と言われていますが、プロを見据えて、有名コーチに師事したり、海外遠征も検討した場合は、桁違いの金額に跳ね上がります。海外に遠征しなくても、国内の大会に参加すると1万円~2万円程度必要となってきます。また、衣装代、靴代など、道具もお金がかかりますから、ゴルフと同様の非常に高額なお金が消えてゆくことになります。ネットでも、テレビや週刊誌の情報を元に最終的に年間600万円~800万円という金額が多数見受けられますので、決して安い費用ではないと言えるのではないでしょうか。
 

最後に、もちろん、「誰に師事するか」、「どんな施設を利用するか」など、教育環境でかなりの金額差があるようです。ですから、上記の金額はあくまで最低ラインの参考情報ということをお忘れなく。よい環境を手に入れたければ、これ以上に桁違いの金額が必要なのです。

ただし、もし、「ウチにはお金がないから無理」と考えるのであれば、「そこまでの夢」でしかないのではないかと思います。中には工夫に工夫を重ねてプロの道へ進んだ方もいます。横峯さくらさんは決して裕福ではない家庭だったと言われていますが、見事プロへの道へ進んでいます。

諦める前に、どう資金を捻出するかを考えるべきかもしれません。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る