冬の冷え性対策。芯から温める足元改善法



[寄稿:MonsMonsさん]

めっきり秋も終わり冬の到来とともに寒くなってきましたが、体調が悪くなりがちです。風邪っぽくなったり、気分があまりよくなかったりします。もしかしたら、夏の間に冷房を使いすぎたり、冷たいものを飲食しすぎたり、という影響が出ているのかもしれません。

冷え性には上半身より下半身

冬に冷えの自覚症状は出ていませんか?
手先が冷える、下腹部を触ってみると、どうも冷たい、逆にのぼせたようにあつくなるなどの症状です。それらが、自覚症状である人は、冷えているかもしれません、下半身を特にあたためておきましょう。

『冷え取り』という言葉を聞いたことがありますか?
靴下の重ね履きをして、腹巻をまき、お風呂は半身浴をして、食事は少しだけ減らしてみる、身体をしめつける行為をなるべくしない。

何より大事なポイントは、下半身を重点的にあたためるという健康法です。上半身より下半身をあたためます。

慣れた人は冬でも半袖姿といいます。その代り下半身は、おもいっきり重ね着しています。

衣類はシルクがおススメ

衣類は天然素材がおすすめです。シルクは特によいでしょう。非常にあたたかいです。もしできるなら靴下に腹巻、ブラやキャミソールやシャツ、パジャマもシルクにしてみましょう。

シルクでなくても、衣類を天然素材にすることで、静電気が起きにくくなります。これは衣類同士の摩擦が、減るためです。もしも静電気で、悩む人がいたら、一度衣類を天然素材のコーディネイトにしてみては?バチバチ来なくなるかもしれません。冬になると静電気人間になる、という人にぜひ試していただきたいです。

靴下は重ね履きを

靴下の重ね履きも、おすすめです。シルクの靴下、その上に綿の靴下を、重ね履きしてみましょう。「重ね履きであしがおおきくなったら、履く靴がない」というときは、皮の靴はどうでしょうか?

皮は比較的伸びやすいので、重ね履きしても大丈夫、サイズは履いているうちに、ちょうどよくなります。冷え取り用の靴も最近は売っています。それも一度購入してみてはいかがでしょう。ブーツもいいですね。重ね履きしても目立ちません。

これからの時期は「内絹外ウール靴下」もあたたかく、またやぶれにくいため、いいものです。お試しください。ウールってこんなにあたたかいんだ!と発見があるでしょう。アルパカベビーの毛の商品ももふもふふかふか暖かでよい商品です。

靴下+登山用レギンスで冷えに効く

パンツスーツの下に、登山用のレギンスはいかがでしょう。薄手であたたかい商品が、売られています。登山用品は高価なものも多いので、セールやポイントが使える、安売り企画のときに購入するのをおすすめします。また、ひざ掛けも利用するといいでしょう。携帯用湯たんぽやあずきのちからも利用するとぽかぽかします。

ヨガやピラティス、バレエ用品の店で、レッグウォーマーなどのグッズを選んでみてもいいでしょう。かわいいものから個性的なもの、定番の色合いまでいろいろ選べます。これを機会に習い事としてはじめてみてもいいでしょう。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る