寒い冬を乗り切るユニクロの『ヒートテック』のメリット



ユニクロ

[記事寄稿:りすこさん]

冬になるとどうしても重ね着をしてしまいます。重ね着は暖かさを追求するために必要なことですが、重ね着をすればするほど着膨れしてしまい、スマートさに欠けるファッションになりがちです。そんなときに便利なのがユニクロのヒートテック商品とウルトラライトダウンではないでしょうか。

そこで、今年の冬を乗り越えるためにユニクロのヒートテックのメリットをご紹介したいと思います。

実は毎年モデルが違う


ヒートテックの寿命は3年と言われていますが、毎年違った形で発売されていて、毎年買ってもいいようなデザイン感覚になっているところがミソです。今年のユニクロは極暖というヒートテックの中でも最も暖かい素材をしようしたものが出ているので、その効果は大したものだと言えます。

ヒートテックは下着というよりもファッションに関係した素材だと言えます。柄もいろいろありますし、デザインもクルーネックやハイネックなど、暖かさとおしゃれさを兼ね備えたものがたくさん出ています。インナーとして利用することもできますし、アウターから顔を覗かせたときにもおしゃれな感じを失わないところがとてもいいですよね。

『着やせする』ならウルトラスリムパンツ


ユニクロは毎年ユニークな商品を出していますが、ヒートテックのウルトラスリムパンツは着やせするアイテムとして重宝します。冬はブーツインにして履くととてもおしゃれですし、防寒にもなりますから非常に利用価値があるものです。コーデュロイ素材のヒートテックもありますから、好きな素材から選ぶことが出来ます。

『スタイルアップ』ならウルトラライトダウン


スタイルアップするには、着やせするようなアイテムを揃えることです。ユニクロのウルトラライトダウンはコンパクトにしまえる機能性を兼ね備えた防寒着で、そのデザイン性も素晴らしいものがあります。ハイネックのベストタイプのものや、ノーカラーのもの、フード付きのジャケットやコートなど、使うときと場所に合わせて選ぶことができるのも嬉しいことの一つです。

『着やせ+スタイル』ならノーカラーのウルトラライトダウン


ノーカラーのウルトラライトダウンのジャケットはコートの下に着ても着膨れしないので暖かくなってスタイルアップすることができます。下着で暖かさを追求し過ぎると、建物の中に入ったりしたときに、暑くなって汗をかいてしまうことがあります。そういうことがないように、アウターで調節可能にすることが大切です。ウルトラライトダウンは薄くて軽いアウターなので、インナーとアウターの間にクッション的に使うことができます。暑く感じたら脱げばいいのでとても簡単です。そしてクルクルっと丸めてバッグに入れることもできるので、いつでも必要なときに取り出して着ることができるところが素晴らしい機能性の一つです。

ユニクロの冬のアイテムには魅力的なものがたくさんあります。ヒートテックにウルトラライトダウンなど寒さから身を守るためのものから、スヌーピーなどのイラスト入りのスウェットシャツなど快適に過ごすために必要なものはほとんど揃うところが素晴らしいです。

インナーの工夫がポイント


スタイルアップするコーディネイトをするためには、インナーをスリムにすることが大事です。そして、パンツもスリムタイプを選んでハイヒールのブーツと合わせたりすることで足長効果が現れてカッコ良くまとめることができるのです。

冬のコーディネイトにはユニクロを活用することが大切です。チェックのネルのシャツをウルトラライトデニムに合わせてもいい感じになりますし、ユニクロが出しているハイネックのセーターなどを合わせてコンパクトにまとめるといいですね。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る