恋愛中の彼氏に結婚を意識させる方法3選

はじめに20代、30代でお付き合いしている彼氏がいる場合には、「彼と結婚したいな」と思う女性が多いです。
しかしなかなか彼がプロポーズしてくれない、結婚に前向きなようではないと悩む女性は少なくありません。
結婚を迫りすぎると彼が離れていく恐れもありますし、がつがつしているようで嫌だという人もいます。
では彼からプロポーズしてもらうためにはどうしたら良いのでしょうか。

1.料理上手をアピールする

男は胃袋でつかめという言葉がありますが、料理上手は男性にとってお嫁さん候補になります。
結婚したら毎日食べる料理がおいしいというのは、男性にとってかなり大きなポイントなのです。
お付き合いしている彼に、手料理をふるまってみましょう。最初は上手にはできなくても「料理教室に通うことにした」「今勉強している」など言うと、彼には好印象です。徐々にあなたの料理が上達していけば、彼は結婚を意識するようになります。

2.既婚の友達の家に遊びに行く

彼と共通の友人で既婚の人がいたら、家に遊びに行かせてもらいましょう。
友人が幸せそうにしているのを見ると、彼は「結婚って良いな」と考えるようになります。
遊びに行く前に「彼に幸せアピールをしてほしい」とあらかじめ協力を得ておくことも良いでしょう。
結婚生活の愚痴などを聞かされるとマイナスになってしまうので、気をつけましょう。

3.弱っている時に支える

彼が風邪をひいて寝込んでいる、仕事で失敗して落ち込んでいるなど弱っている時に、彼の力になれたら彼はあなたを離したくないと思います。
風邪で寝込んでいる時は看病に行き、栄養のある料理を作ってあげましょう。また彼が落ち込んでいる時には、彼に寄り添いましょう。
落ち込んでいる気持ちを話してきた時には、彼を肯定して受け止める気持ちを伝え、アドバイスなどをしすぎてはいけません。
彼が話さない時には、黙って側にいることでも、心強いものです。

おわりに

彼と結婚したいと思うのであれば、彼が結婚したいと思うようなアプローチをすることが大事です。
上のポイントを活かして、頑張ってみてください。