ウナギの養殖制限開始!ところで天然よりやっぱり養殖は美味しい?



最近、もっぱらうなぎが高くなりましたね。環境の変化や日本以外の国でもウナギを食すようになったことでウナギの稚魚が取れなくなっているのです。ついには絶滅危惧種として認定されるなどウナギ好きには暗いニュースですね。

そんな悪いニュースを吹き飛ばすべく、本日はウナギの味についてグルメにレポートしたいと思います。お題は天然もののウナギvs養殖ウナギです。どちらが美味しいのでしょうか。筆者の独断と偏見を交えつつご紹介したいと思います。

養殖もののウナギ


それでは、まずは養殖ものから。

ひつまぶしでござい

ひつまぶしでござい

今、スーパーで売っているウナギの多くは養殖もの。国産と書いてあっても「日本で育てられた」養殖ものです。養殖物といっても現在、ウナギの稚魚を孵化させる技術は確立されていませんから、稚魚まではすべてが天然で、大人になるまで農家で育てられるということになります。
養殖物の特徴は何といっても「エサが管理されていること」。うなぎの成長度に応じてエサの種類は変わるようですが、カニやエビ、ハゼなどの小魚を混ぜて粘土のようにしたエサを与えるのだそうです。そうすることで味にコクがでるそう。カニやエビなんて筆者もめったに食べられない!ウナギの人生ってフォアグラのように高級な食べ物を与えられて太らされてから食べられちゃうのね。羨ましいのか悲しいのかちょっと複雑。

栄養たっぷりに育てられたウナギはやっぱり身がふっくらしていて、肉つきがいい!油もたっぷり乗っています。それでは、ひつまぶしで養殖もののウナギを食します。
うーんやっぱり、ホカホカしていて口の中でとろけるような柔らかさ。それでいて、身はたくさんついていてタレが身に染み込み、おいぴー!また、皮も柔らかいんですね。もちろん焼き方にもよるのでしょうが、皮がついていることを感じさせないくらいの柔らかさ。いよ!これこそ養殖もの!

天然もののウナギ


ではでは、天然もののウナギは?

皮がサクサク

皮がサクサク

天然ものと言えば、四万十川や浜松などご当地にいったら是非食べてみたいですよね。そこで、読者のみなさんを敵に回しつつ浜松は浜名湖のウナギを食してまいりました。
天然ものは自然の中で育った言わば野生児。引き締まった身肉が特徴です。さてさて浜名湖の天然ウナギはどんな味?恐る恐るどんぶりのふたを開けると・・・。
薄い!!うっすいぞー。ホカホカしたふっくら感がない。皮に肉がへばり付いている感じ。

半ば半泣きになりそうになりながら、箸で切らずに、大きなウナギをそのまままるかぶり!。!!!?。こっこれは・・。
確かに身は薄いし、ふっくら感は養殖に比べると少ないものの、身の中に味が凝縮されて、濃い感じ。皮もこんがり焼きあがってサクサクしているとでも申しましょうか。
うーん。これは美味しいのでは?視覚で見える貧弱感とは対照的にこの凝縮された濃い味に「恋」してしまいました。

結論。養殖に慣れていると養殖の方が贅沢で美味しそうに見えますが、養殖に慣れてしまった方には新しい境地を開く絶品の味、天然物。ぜひ、一度は食べてもらいたいですね。

(筆者の意見のため、お店の名前は控えさせていただきましたが、いずれも浜松市内のお店です。)


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る