結局、めちゃイケのガリタ食堂の味ってどうなの?



ネットでは、次の番組再編で終了するのではないかと囁かれているフジテレビの人気バラエティ番組『めちゃイケ』ですが、番組からスピンオフしたガリタ食堂のG級グルメは今も人気です。
どこで味わえるかと言えば、番組でもお馴染み東名高速道路のサービスエリア「EXPASA足柄」。足柄サービスエリアに出店してるガリタ食堂・G級グルメパーク。2010年に岡村隆史さんの入院に伴い新たに加入したメンバー、さんちゃんこと三中元克さんもお店の店員として登場するなど休日ともなると長蛇の列になるほどたくさんの人に愛されています。

そんなガリタ食堂のG級グルメですが、実際のお味はどんなものでしょうか。早速、足柄まで車を飛ばしてチャレンジしてきました。

山深い・・

山深い・・

G級グルメパークは足柄サービスエリアの下り線(名古屋方面)にあります。東京から車を飛ばすこと約1時間半。厚木をすぎていよいよ山深くなってきます。箱根を過ぎていよいよ静岡県へ。まさに山奥のような場所にそれはありました。

最近では、海老原サービスエリアがグルメスポットとして人気ですが、大きさと人気度では引けを取りません。

車を止めて早速、Go!
9月の3連休ということもあって、車が多い多い。それなりの広さはあるので、車が満車になるということはなさそうですが、建物の近くには止められないくらいの利用客が訪れていて、それなりに歩かされます。

岡レモン登場

岡レモン登場

まずは、入り口から岡村さんが出迎えてくれます。もう、足柄サービスエリアをめちゃイケが占拠しているような感じ。サービスエリアのそこかしこに岡村さんやめちゃイケメンバーの写真と共に足柄SAとめちゃイケがコラボしていることが、これでもか!というくらいに強調されています。ちなみに、これはG級グルメパークがある下り線だけで、上り線はめちゃイケメンバーの似顔絵があるだけで、ここにG級グルメパークがあることは全く分かりません。
なので、名古屋方面から東京へ向かう方は残念!また今度!

とりあえずはサービスエリアの中を散策開始。お店の数は豊富とまでは行かないまでも温泉も完備。そして、本格的なレストランも楽しめちゃうので、海老原には負けてない!

中は綺麗でSAを感じさせない

中は綺麗でSAを感じさせない

他のサービスエリアと違って、汚い感じはどこにも感じません。入店しているお店もスターバックスをはじめ、綺麗なレストランや人気のうどん屋さん、匠のラーメン屋さんなどめちゃイケに興味がない方も十分に楽しめます。

三ちゃんも接客

三ちゃんも接客

そして、いよいよG級グルメパークに到着!なんと!さんちゃんが接客中。そして、もう薄暗くなった17時を回っているというのに長蛇の列が!
お客さん一組一組に大きな声で「こーんにちわー」と元気よく接客するさんちゃん。お願いすれば写真撮影にも応じてくれます。お客さん1組に2~3分もかけて丁寧に接客。テレビも来ていないのに1日中、こんなに頑張って接客するなんて・・・。涙を誘う光景です。

そして、列に並んでからが辛かった!待つこと40分。長蛇の列と言っても実は、プレハブを回り込む程度なので、マックだったら10分もあれば終了するくらいの人数に40分。これもさんちゃんの丁寧な接客のたまもの。ということで蚊に刺されながら待ちましたよ。

メニューは、『G級冷やしカレー中華』『G級冷やしカレーパスタ』『G級冷やしカレーうどん』(レギュラーサイズ各900円。取材時)の3種類から選べます。ちなみに、レギュラーサイズはガリタさんが喜ぶ大盛りなので、こんなに食べられないという方には価格もお手軽なレディースサイズも選べるので、なんという気配り!

パスタとうどんはある程度想定できるお味だと思うので、ここは未知の味、カレー中華にトライしてみました。

IMG_0226

さんちゃんにレディースサイズを頼むと、レギュラーサイズでも絶対に食べられますよ!とそそのかされ、思わずレギュラーサイズを注文。
実際の冷やしカレー中華の写真がこれです。

うーん、やっぱ大きい。で、肝心のお味ですが、美味しいけど、ちょっと水っぽいかな。やっぱり冷やし中華の麺から出た水が少しカレーを薄めてしまっているイメージ。でも、味は意外や意外。美味しい。まだ暑いこの季節には持って来いです。カレーは家庭で作るどろっとしたカレーとはちょっと違い、ちょい辛のインドカレー風。そこに大盛りの冷やし中華がぼーんと乗っかった感じです。こりゃパスタでもうどんでもあいますな。

意外とつるつるとイケてしまい、完食できました!

他にもカレーパンなどいろいろなコーナーがあるので、ぜひお近くをドライブの際はチャレンジしてみてください!


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る