過激すぎ!クレジットカード、カードローン広告の嘘



カード

アフィリエイトという言葉を1度は聞いたことがあると思います。インターネットで比較広告やコラムなどのホームページを作って、そこから申し込みがあると制作者にバックマージンが入るサイドビジネスのことです。

2006年ごろから消費者金融会社やクレジットカード会社が広告を出稿する場合の規制が厳しくなってきました。身近なところでは、カードローンのテレビCMで計画的な利用を呼びかけるCM一色になったのもそのためです。

そのような中、アフィリエイト広告が過激です。顧客獲得が難しくなった業者がアフィリエイターに提示するマージンが高騰しているからなんです。その結果、インターネット上で見かける情報は何が本当か分からないものばかりになってしまいました。そこで、本日は、クレジットカードやカードローンをインターネットで申し込む際に注意したいポイントをご紹介します。

『金利が安い』の嘘

金利が安いという広告を見かけます。例えば、

A社・・4.5%~17% (利用限度額:最高500万円)
B社・・3%~18%(利用限度額:最高700万円)
金利が安いB社がおススメ!!

なんていう広告を見かけます。でも、これ本当に分かりやすいカラクリなんです。
通常、カードローンは、利用限度額に応じた金利が設定されます。利用限度額が高い=信用があるということになります。その分、金利も低く設定されるということです。例えば、B社の3%の金利というのは、最高限度額の700万円が付与された場合に3%になるということです。

では、誰でも700万円の限度額が設定されるのか?いいえ。そんなことはありません。カードローンは総量規制といって、年収の3分の1までしか借りられません。つまり、年収が2000万円以上あるような人しか、限度額700万円にはならないんです。金利が3%になる人って限られたリッチな方だけ・・。
ほとんどの方は金利18%の上限ギリギリから始まって、何年もかけて少し安くなる程度で、『金利が安い』という謳い文句を享受できるのはまずない!と言い切ってもよいのではないでしょうか?もちろん、限度額が高い!という広告も一部のユーザだけが得られる誇大広告と言えるでしょう。

 『レディース向けで安心』の嘘

クレジットカード会社やカードローンで女性専用カードというものを見かけます。確かに、クレジットカードの提携先が女性に人気のお店でポイントサービスが魅力という場合は別です。ただし、提携先のサービス以外に『レディース向けで安心』の理由はありません。

例えば、申込みや問い合わせの際に女性コミュニケータが応対することはあるようですが、万が一、延滞をした場合に女性だから『優しく』待ってもらえるという訳ではありません。また、女性だから申し込みの『審査が甘くなる』という訳でもありません。男性も女性も全く同じように処理されます。
延滞すれば督促の電話がかかってくるし、延滞期間が長くなれば裁判沙汰になるのも同じです。審査も一律の基準で処理されますから、性別で申し込みやすくなるということもありません。

ちょっと考えればわかることなんですが、「安心」という言葉を見かけた場合に、「何が安心なのか?」を考えるべきです。

『ブラックリストでもOK』の嘘

よく、ブラックリスト入りしている人でもクレジットカードが作れるという触れ込みの広告を目にします。そもそも、ブラックリストとは何でしょうか?

このブラックリストとは、信用情報機関に登録されている信用情報のことを指していると思われます。でも、実はブラックリストなるものは存在しないのです。
カード会社は、カードの申し込みの事実から利用状況、支払い状況のすべてを信用情報機関に登録します。良い情報も悪い情報も全てです。

つまり、カードを申し込んだ時点から解約するまですべての情報が信用情報機関に蓄積されています。他社が審査をする場合に、過去の利用状況を見ながら審査を行うのですが、これは、その会社ごとに基準が決まっており、現在の年収や過去の延滞の状況、年齢、職業などあらゆる要素を総合的に判断します。

ですからブラックリストなるものが存在し、そのリストに名前が載っているか載っていないかが審査の基準・・・ではなく、過去に延滞をしていても、その他の属性情報が良ければ審査に通る場合もあるし、延滞をしたことが無くても審査に落ちる場合もあるのです。

ですから、『ブラックリスト』の言葉が出てきた時点で、闇金の宣伝か、誇大広告の宣伝文句と認識してください。

お金が無くなってくると藁にもすがる思いでカードローンやクレジットカードを申し込む方も少なくありませんが、ぜひ、冷静に判断してほしいと思います。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る