人気ユーチューバー・Sharla(シャーラ)の魅力。海外から見たちょっと面白い日本



以前、TBSの番組『ここがヘンだよ日本人』という番組が流行りましたね。様々な国籍をもった大勢の外国人が、日本のヘンなところについて熱い議論を交わすビートたけしプロデュースの人気番組でした。え?日本ってそんな風に見えているんだ!という意外な驚きが話題になりました。

今は、Youtubeの時代。日本を訪れるごく普通の外国人がレポーターになって、外国人に人気の料理、『寿司』『天ぷら』を中心に紹介する動画が多数公開されています。正直、そんなに日本人は寿司も天ぷらも食べないんだけど・・・。と思いながら、ついつい見てしまうなんてこともありませんか?
その中で、Sharla(シャーラ)さんの動画が面白いとチャンネル登録する人が増殖中。

下町・裏路地大好き?日本人以上の日本人に


すでにテレビ番組のレポーターのようなクオリティに達していると言っても過言ではないレポート力を武器に、取り上げるテーマは『ラブホに行ってきました』をはじめ、東京のコアなマニアが集まると言われる秋葉原に昭和を持ち込んだような不思議なショッピングモール『中野ブロードウェー』。企業とコラボした『ゆりかもめ本社に行ってみました!』など、毎日見ていても飽きないレポート満載で精力的に動画を作り続けています。

その中でちょっと興味深いのが、駅ナカの自動販売機の紹介や、ファミレスのスイーツ、自宅で宅配ピザを注文したレポートなど、普段、我々が何気なく利用しているサービスや商品をレポートする回。普段、駅の自販なんて空気のような存在で全然気にもしていないですよね。日本ではホットドリンクも夏に飲める!なんてことにビックリ。海外では相当珍しいようで、外国から見るとそんな見え方がするんだ!と日本の魅力に改めて気が付かされます。

そこに普通の女の子の感覚がミックスされて、食レポ+外国目線のコラボがさらに面白いんです。これが。

震災で日本に来た!不安→そして魅力に取りつかれ


そんなシャーラさんですが、元々カナダから交換留学で日本に来て日本の魅力に取りつかれた一人。一旦はカナダに戻ったのですが、東日本大震災をきっかけに日本の大学へ進学することを決めたそうです。動画ではカナダで「そんな災害に見舞われている時期に日本に行って大丈夫なの?」と周りから相当心配されたようですが、「こんな時だからこそ日本に寄り添いたい」と日本に渡航することを決めたのだとか。初期の動画では、まだ日本語が上手ではないのだけれど一生懸命、そして少し不安そうな表情で決意を語っています。

今では日本語もネイティブか?と思えるほど上達。また、納豆など日本の食べ物に少し苦手はあるものの、餅つきイベントやお花見など、1年を通した日本の魅力を体験するうちに、どんどん日本人より日本に詳しいのでは?と思えるほどツウになっていきます。
Youtubeはチャンネル登録することで、簡単に過去から現在までの動画が一覧で見られますから、シャーラさんが日本に来てから今に至るまでの数年間、どんどん不安な日本の生活から明るくなって、日本を楽しめるようになる過程に共感を覚える方も多いのではないでしょうか?

一度は見て観たいシャーラさんの動画。あなたもチャンネル登録してみませんか?

 

[youtube width=”320″ height=”180″]https://www.youtube.com/watch?v=QiJ_tbWmEeU[/youtube]

 

 


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る