飲むだけでダイエット効果あり!?な飲み物



[@koipit専属ライター:野本さん]

ダイエット中は食べ物だけでなく飲み物にも気をつけたいですよね。

ましてや飲むだけで痩せるなどの方法があれば皆さん知りたいはずです。
カロリーばかりに目がいきがちですが、栄養のたくさんあるものから空腹を紛らわせてくれるものまで、ダイエットの効率を高めてくれる飲み物はたくさんあります。
それぞれ、飲むタイミングや温度に気をつけることで、様々な素晴らしい効果を発揮してくれるのです。
水分補給とは違った、驚きの効果がある飲み物などを、どんなときに飲んだらいいかなどのポイントをおさえながら一緒に学んでいきましょう。

何はともあれ水は外せない


利点をあげるとすれば、水に溶け込んでいるミネラルを摂取する事で新陳代謝を促進する事ができたり、血液サラサラになったりの体内のデトックスができたり、腸が綺麗になることで便秘や下痢などの症状が改善されるという点があります。
効果的なとり方は、常温で、1日を通して1.5から2リットルを目安に少しずつ飲む事です。
体が冷えてしまっては逆効果なので、出来る限り常温からぬるま湯の摂取を心がけましょう。

炭酸水で食欲を抑える


炭酸水は炭酸ガスを含む水です。
ペリエやサンペレグリノが有名ですよね。
最近ではコンビニでも取り扱いが多くなってきているので是非生活に取り入れていきたいですね。
利点をあげるとすれば、胃が膨らむので早く満腹感が得られ、食欲が抑制できるので食べ過ぎ防止に役立ちます。
また、炭酸が肌表面に残る古い角質などの老廃物をたんぱく質に付着する事で除去してくれます。
他に、炭酸は疲労物質の乳酸を対外に排出してくれるので、疲労回復の効果があります。
効果的なとり方は、食前や食事中に飲んだり、運動後に飲む事で、疲労回復の効果を高める事ができます。

コーヒーで酵素を活用


利点をあげるとすれば、コーヒーに含まれているカフェインやクロロゲン酸は脂肪を分解する酵素の働きを活発にするので脂肪の燃焼を促進する効果があります。
また、カフェインには血液の循環をよくする効果があるので、むくみや冷え性、肩こりの解消に繋がります。
効果的なとり方は、運動の約30分くらい前に飲んで体内の脂肪が燃焼されやすい有酸素運動を行うとより効果的です。
また、砂糖を入れるとカロリーが上がりますしカフェインの働きも妨害されてしまいますので出来ればブラックで飲むのがいいでしょう。

ココアは栄養素の宝庫。飲み方次第でダイエットに吉


ココアって甘いし、高カロリーなイメージだからダイエットとは無縁な感じですよね。
実は、ココアは高タンパクで食物繊維、ポリフェノール、ミネラルなどの栄養素が豊富で、ダイエットには効果的な商品なのです。
糖質が含まれないココアなどで砂糖の量を調整すれば、ダイエットの強い味方になります。
利点をあげるとすれば、新陳代謝を高め、脂肪分解酵素の働きを邪魔して対外への脂肪の蓄積を抑制する効果や血流を促進し、体を温める効果が高く持続時間も長いので冷え性の改善にも効果的です。
またココアには便秘解消につながる食物繊維が豊富に含まれていたり、ココアの苦味成分テオブロミンとココアの甘い匂いがストレス解消に効果があります。
効果的なとり方は朝食前や空腹時に飲むと便秘解消効果、適度な満腹感が得られ、効果的です。
他には、間食の代わりに飲むことで過度な食欲が抑えられ空腹感のコントロールができたり、エネルギーを蓄積しやすい夕食後にココアを飲むと食事で摂取した余分な脂肪の吸収を抑える効果が期待できます。

その他にも豆乳やトマトジュース、赤ワインなどもダイエットに効果的な飲み物といえるので、タイミングや用法容量を調べてみるのも楽しいかもしれませんね。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • yasuko
    • 2014年 7月 26日

    あまり苦にならないところが良いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る