【ダイエット素材:大豆】 大豆で1年2.5kg減量。美味しく痩せる



このコーナーは、食材に絞ったダイエット食材を取り上げ、みなさまの体験談を取り上げるコーナーです。

ペンネーム:junpei0216

ダイエットをするには適度な運動と最適な食生活を心がけることが大切。
そうは言うけれど、社会人にとっては毎日の仕事が忙しく定期的にジムに通ったりジョギングをしたりすることは
とても難しいですし、またヘルシーな食事をするなんて言っても最近は野菜も高いし、何品目も用意するのはとても大変です。

それならせめて、健康にいい、ダイエットにいいと言われる食材を多く意識的に食べることだけでどれくらいの効果があるのかを試したい、
そう思って私junpei0216は大豆ダイエットに取り組みました。

大豆食材に焦点を当てたので、豆腐や油揚げ、納豆など選べる選択肢が広がり、その結果飽きが来なかったのが幸い長く継続する
ことができました。期間にしておよそ1年。特に運動をすることなく、夕飯の食材を大豆食材に絞り摂取することで2.5Kgの減量になりました。

1年で2.5Kgなので、人によっては大した効果ではないと思われる方もいらっしゃるかと思います。
しかし、運動せず、昼食や付き合いの飲み会等は特に我慢することなくの結果なので、志を高く持たれる方はここからさらに
運動や昼食などの摂生を心がけられればもっと効果を上げられるのではないでしょうか。

実際のメニュー内容としては、肉類の代替としての油揚げ、かさ増しの豆腐、軽く済ませたい時の納豆。
といったように用途を定義して食材を料理に盛り込みました。

いつもは豚バラやこま切れ肉などで作っていた肉野菜炒めを油揚げを擬似肉として使用する。
食感としては肉類に近いですし、植物油のおかげで食べた感はかなりあります。
親子丼の鶏肉の代わりに油揚げ。これはしっかりと出汁で味付け、風味付けをしておけば強力なおかずになります。
時にはどうしてもお肉を食べたいことがあります。その際はほんの1切れ混ぜてみてください。後は油揚げでお腹いっぱいになり、
意外と我慢ができます。

豆腐は炒め物、煮物、何にでもかさ増し目的で盛り込みます。
ほかの食材や出汁の風味を吸った豆腐は意外に美味しく、それだけで十分なおかずになります。

実際にやってみて特に辛いと思ったことはなく、
しっかりとコンソメや和風だしで風味、味付けをすればお肉と何ら遜色なく食べることができます。
また、食費もぐっと安く上がることもモチベーションを支える結果になりました。

食べ過ぎは良くないですが、少なくとも空腹を覚えないくらいの量は食べることができ、食費も安くなる。
お手軽に出来るダイエット法としてはそこそこ優秀な部類だと思いますので、是非お試し下さい。

<blockquote>このコーナーは、みなさまの体験談を通してダイエットの経験を紹介するコーナーです。
各個人の見解ですので、医学に基づいて執筆されたものではありません。
無理なダイエットは控えて、食事はバランスよく、適度な運動をして健康的なダイエットを心がけましょう。</blockquote>


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る