5歳は若く見える!若返りのおススメ秋冬コーデ



いつもなんだか老けてみられているような気がする、とお悩みの方はいらっしゃいませんか?
年齢はどうしたって重ねてしまうものですが、実年齢よりも5歳くらいは,若く見られたいというのが本音ですよね。ここでは、若く見られるためのポイントと、この秋から使えるコーデ術をご紹介致します!

「若作り」は逆効果!年相応のファッションで若々しく見られる!


若く見られたいがためにやってしまいがちなのが、「自分より若い世代の服装を真似する」ことですよね。30代になったけど、20代前半をターゲットにしたファッション誌を読み漁るとか、若い女性芸能人のファッションを真似をすることで、実際に、「○○歳なんですか!?見えな~い!」と言われているという人もいるでしょう。でもちょっと待ってください。アラサー、アラフォーの女性を前にして、直接その年齢について言及できる人がいるでしょうか?
本人を目の前に口ではそのように言っていても、実際は「あの人って若作りしすぎ・・・」などと陰口を叩かれているかもしれませんよ!カッコイイ、素敵な女性というのは、自分の年齢を受け止めて、似合う服装をしているものです。アラサーならアラサーに、アラフォーならアラフォーに似合う、程よくトレンドを取り入れたコーディネートを目指しましょう。自分の世代に合うファッション誌、自分の世代なのに若々しい素敵な女性芸能人をお手本にすることが、若々しく素敵に見られるポイントです!

オフィスでおすすめの若く見える流行ファッション


☆膝が隠れるミモレ丈のスカート

若く見られたいからと言って肌を露出しすぎるファッションは禁物です!年代に合った肌見せで、大人の女性らしさを演出しましょう。
この秋冬のトレンドで、30代女性にもおすすめなのが膝下~ふくらはぎまで長さのある「ミモレ丈」スカートです。
シャツやニットなど、何にでも合わせやすいのにオシャレ感が一気に増しておすすめです。
着こなしのポイントはトップスをインして、ウェストで履くこと。甘めのスタイルが好みならフレア、辛口が好きな人はタイトなど、形も様々選べます!

☆定番のハイネックが今年もトレンドの予感!
もはやニットの定番ともなっているハイネックが、2014年の秋冬も流行します。年齢が気になる首元をすっぽり隠せて、大人のオーラも感じるハイネックはアラサー・アラフォー女性の強い味方でもあります。
コーディネートにいまいち自信がない場合は、白・黒・グレーなど、モノトーンカラーを選ぶのがベターです。色は地味でも、形に流行を取り入れることでオシャレに見せることができます。
特にこの秋は、ハイネックのノースリーブニットも流行で、嫌らしくなく肌見せすることもできるので二の腕に自信のある方はチャレンジしてみては?

休日におすすめの若く見えるファッション


☆秋と言えばチェック柄!今年は大きめチェックに注目!
秋ファッションの風物詩とも言えるチェック柄は、年齢問わずに使える柄で、もちろん今年も流行です。特にトレンドなのは、できるだけ大きいチェックの柄のもの。
まずは定番のチェックシャツは1枚持っていると、休日の着回しが利いて便利です。そのまま着てアクセサリーを合わせたり、上からニットやカーディガンを着ても今時レイヤードが完成!
更にオシャレに見せるなら、スカートにチェックを取り入れると上級者の風格が増します。
単色に縦横ラインを入れただけの、ウィンドウ・ペンと言われるチェック柄にも注目です。ニットなら、プライベートでもお仕事着でも着るだけで全身オシャレになれそう。

☆大人女子だからこそ似合う「マニッシュなオールインワン」がおすすめ!
女性は年齢を重ねる度に女性らしさも増していくもの。アラサー世代、アラフォー世代だからこそ、
フェミニンで女の子らしいファッションよりも、ちょっと辛口で男性的なマニッシュファッションで女性らしさを引き立てることができます。
ここ数年でブーム到来のオールインワンのスタイルは、それだけでマニッシュコーデが完成するのでおすすめです!
黒のオールインワンなら、バッグなどを小ぶりでパンチのあるデザインやカラーのものを組み合わせれば、オシャレな休日スタイルを楽しむことができます。
いかがでしたか?若く見えるために大事なのは、あくまで「自分に似合う」ファッションを探すことです。
トレンドも押さえながら自分らしさを意識した装いで、本心から「○歳!?見えない!!」と言われる若々しい素敵な女性を目指しましょう!


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る