古着を活用!友達に教えたくなる古着のリメイク方法



流行の移り変わりはめまぐるしく、購入した時には最先端アイテムだった服も、ワンシーズンたてば着るのを躊躇してしまう事も多いですよね。

あるいは、ずっと着ていたお気に入りの服が少々くたびれて来たけれど、捨てるのはもったいない!なんて事もあるかもしれません。
そんな時、知っていると、ちょっと便利なのがリメイク術です。今ある服に少し手を加えるだけで、ただの古着が使えるアイテムに早変わり!するかもしれません。

服から服へのリメイク

まずは、基本的な、服から服へのリメイクパターンをご紹介します。古着にありがちな悩みが「買った時には似合ったデザインが、今の年齢に合わなくなった」または「型がモードじゃなくなった」など、デザインの不満です。

そこで、思い切って服にハサミを入れ、カタチを変えてしまいましょう。

例えば、丈の長さが似合わなくなったワンピースは、真っ二つに裁断して、上と下に分けてしまいます。着る位置を調節すれば、新たに作るスカートの長さを簡単に変える事ができます。布端を処理し、ウエスト部分にゴムを入れれば新しいスカートの完成です。Aラインなど裾が広がったワンピースなら簡単にできます。
また、発想を逆にして、ブラウスとスカート、Tシャツとスカートを縫い合わせれば、ドッキングワンピを作る事もできます。異素材やシルエットなど、自分で組み合わせるので思うが儘です。

服から小物へのリメイク

次に紹介するのが、服から小物へのリメイク術です。ダメージが激しすぎて履けなくなってしまったジーパンや、ロゴがお気に入りのTシャツなどは、この方法で再生する事ができます。
ジーパンは、股上部分でカットし、裏に接着芯や薄い布を貼ってダメージ部分を補修した後、底を縫い取っ手を付けます。両方の股上部分を使った大きめバッグを作る事もできますし、片方の股上部分を使った小さなポシェットを作る事もできます。

取っ手は共布で作っても鎖や皮を使ってもOKです。また、Tシャツはロゴ部分を切り取り、既製品のトートバッグや帽子に縫い付けアクセントにするといいですね。

足し算引き算のリメイク

最後に紹介するのが、今ある服に何かを付ける、あるいは何かを取るリメイク方法です。例えば、購入していた時には流行っていた袖や裾のレース遣いが、今はダサく感じたり、逆にシンプル過ぎて味気ない服に適した方法です。やり方は簡単!要らない物は取り、好きな物を足すだけです。

ひとつ気を付けなければいけないのは、レースやヒモ、ボタンなど、もとある装飾品を取ってしまうと、全体のシルエットまで変わってしまう場合もあるという事です。取ってしまう前に、取った後のカタチがどうなるかを想像する事が大切です。あるいは、それが狙ったリメイクを考えてみるといいかもしれませんね。ボタンの種類やカタチ、大きさを替えるだけでも、服の印象は大きく変わります。
もっとも手軽にできる洋服のリフレッシュですので、不器用だからと諦めないで、ぜひ試してみて下さいね。

古着のリメイクをしてみると、服の形や色、素材や長さの組み合わせ方などを意識するようになるので、ファッションの感覚も自然と磨かれていくのが分かります。衣替えやクローゼットの整理を兼ねて、着なくなった手持ちの服を探してみてはいかがでしょう。「あっ!コレ使えるかも」というひらめきがあるかもしれませんよ。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る