アラサー女子は保湿と髪の手入れがモテ女子の秘訣

アンチエイジング

そろそろアラサー、昔の肌とはちょと違ってコンディションもイマイチ。
今まで通りのケアだけだとシワやたるみ、シミが気になり始めるお年頃になってくる方もいますよね。
でも適切なケアをすれば、少しでも美肌を維持できるアンチエイジングのアイテムとケア方法をお伝えします。

20代後半~30代はとにかく保湿


年齢が上がるにつれて、肌からは水分量がどんどん減って行きます。
これは肌のハリ、たるみにも大きな影響を与えるために積極的な保湿をオススメします。
特に「夏でも美容液」「クリーム」この2点は欠かせません。
私は「アルビオン 薬用スキンコンディショナー」「アルビオン エクシア AL エクストラリッチ」
予算に余裕や時間に合る時はアイクリームも取り入れて、パーツケアにも力を入れて輝きをUPしたいですね
また、意外と忘れがちなのがリッップケア。
専用のスクラブからマスク、保湿成分の高いグロスで縦じわの無いプルプル唇を手に入れましょう。

 

枝毛やくせ毛の解消法


こちらもお顔と同様に感想や、過度な摩擦から髪を守ってあげる事が大切です。
ドラッグストアに市販されているものは一般的に洗浄力が強く、髪をパサつかせがちです。
少々値が張りますが、サロン専売品のヘアケア用品を使用する事により
カラーやパーマを施した髪にも最小限のダメージで洗浄する事が可能です。

また、そのように保湿された髪はうねりが出難い傾向にあります。
一般的な洗浄力の高いシャンプーでは、うねりや広がり、絡みが生じていた場合でも
サロン専売品に変更したとたん改善されるケースも多々あります。
個人の髪質に対して多くのライン展開がなされている点も大きな魅力です。

どうしても痛みが酷いときはサロンで、ハホニコのトリートメントメニューをお願いします。
やはり数日間はきらめきが違い、気分が上がるのでとても助かっています。
痛みやすい髪質なので、サロントリートメントメニューにはとても助けられています。

癖毛ははえ癖が強いので、はえ癖を活かしたカットで仕上げています。
カラーも重くなりすぎず、全体的に毛の流れを意識させてないようなチョイスをしています。
どうしてもはえ癖に言う事を聞かせたい場合は、前頭をシャンプーした後
蒸しタオルを癖のある所に当て、アイロンのように押さえつけます。
これで少しは垂直にたっていた髪の毛も横を向いてくれるので楽です。

そこまでのくせ毛ならロングにして重さでカバーしたいのですが、長くすると
縮毛矯正をしてもクシやブラシが折れる箇所があり、さらに毛先は広がるので辞めてしまいました。

ロングのアレンジ系では、「編み込み」「ハーフアップ」「巻き髪(スーパーハードスプレー使用)」が比較的無難でした。
ショートカットは好きな色に染めてしまうのが良いようです。

ウィッグも試しましたがメンテナンスの面倒さや、人前に出た時に人目でウイッグと分かってしまう事に抵抗感があり地毛に戻りました。
しかし、ファッションに合わせて髪型をすぐに変えられる利点はとても魅力的でした。