挫折しない!英語がみるみる上達する勉強法

英会話を学ぶ

以前は、英会話を勉強する理由と言えば、海外旅行に行きたいとか、外資系の会社に就職した・・・。などの理由が多かったと思います。でも、今は、普通に働いていても英語力が求められる時代。ある日突然、上司が外国人になった!なんてことは、笑い話ではなく現実に起こりえます。もし、あなたが、ある日突然、英語は必要になったら、どのように勉強すればよいのでしょうか?

英会話の教材などの宣伝文句を見ていると、いかにもその教材を買えば英語が上達しそうですが、その宣伝文句通りにあなたは上達することができますか?本日は、英会話を楽しみながら確実に上達するための方法をご紹介します。しかも、お金がかからない方法です。

 

①映画を日本語吹き替えで見て、次にネイティブの字幕なしで見る


映画で英語を覚えるという方も多いと思います。実際、筆者の周りでは、映画で英語がペラペラになった!という方が何人もおり、無料で英語を覚える最も手軽な方法であると言えます。
でも、ちょっと立ち止まって考えてみてください。レンタルビデオ屋でハリウッド映画を借りてきて、英語の音声に字幕付きで見る方は多いと思います。でも、英語がペラペラな人が日本中に溢れているという話は聞きませんよね。

あながち映画で英語を勉強するというやり方は間違っていません。確かにこれは手軽で上達する方法だと思います。
でも、間違っているのは、その映画の視聴の方法なんです。

◇字幕付きだと音声を聞かない

残念ながら、人間は同時に2つのことを処理できるようにはなっていません。だからこそ、字幕を表示していると、普段使い慣れている日本語の方に見入ってしまい、英語の音声は頭の中に入っていないのです。
それでいて、英語は耳に入っていますから、なんだか映画を観終わった後に、英語を勉強したような錯覚に陥ってしまうところがタチが悪い!これでは、映画を見たいのか勉強したいのか全く分からない本末転倒な結果になってしまいます。

日本語吹き替えと字幕なし主音声の併用がベスト

最も効果的な英会話の勉強方法は、まずは日本語吹き替えで映画を楽しむこと。
次に、字幕を消して、英語のまま映画を見てみましょう。この時に途中で気になる英単語やフレーズが出てきたら、映画を止めて調べても構いません。

なんだか、不思議な気分になりませんか?あれ?字幕がないのに英語がわかったような気がする。

はい。これは、はじめに日本語吹き替えで映画を見ているからなんですね。
その後に映画を見ているから何となく映画の中のキャラクターが言っていることを理解できている気分になるのです。

これでは英語が上達しないのでは?と不安に思うかもしれませんが、同じ映画をこの方法で何度も繰り返し見てみてください。
いつしか、英語の細かいフレーズが耳に残るようになってきます。しかも、すでに映画のストーリーは日本語吹き替えで理解できているので、「ああ!このフレーズは、こういう意味なんだ!」「こういう時は英語でこう表現するんだ!」と”シーン”や”シチュエーション”で英語を理解することができるようになるのです。

実は、この方法、英語が苦手な方が海外へ留学して、現地の人たちと交流する中で英語を学んでいくプロセスに似ています。
はじめは英語は聞き取れなかったり、英語が聞き取れてもどんな意味か理解できないのに、現地の人の行動や振る舞いを見ながら、英語を聞くことで、『シチュエーション=英語のフレーズ』という組み合わせが頭の中に蓄積されてゆき、いつしか英語が話せるようになる仕組みと同じなのです。

≪ポイント≫
はじめに映画を吹き替えで見て、次から字幕なしの英語版で繰り返し見る

≪おススメ映画やドラマ≫
『アナと雪の女王』『おサルのジョージ』『プラダを着た悪魔』

※子供向けやディズニー、定番映画は英語が平易に作られているのでオススメ。

英語の勉強方法

 

② ペンパルを作る。でも慣れたらSkypeで会話


ペンパルとは、平たく言えば文通相手。
このインターネットが発達した現代で、ペンパル?と思ってしまうかもしれませんが、何も昔のように郵便で手紙を交換するペンパルだけがペンパルだけではありません。文通相手を探して、Eメールで文通するのです。

Japan-Guide.com」というサイトをご紹介します。
このサイトは、デザインこそちょっと怪しい感じのサイトですが、2万人近くがペンパルを募集する掲示板サイトです。

あなたの興味あることや趣味などを書けば、ほどなくして文通相手は見つかるでしょう。
何故ならば、世界には日本のことに興味を持っていたり、共通の趣味を持つ人はたくさんいるもので、あなたにとっては日常的で変哲のない趣味であったとしても、海外の人から見るとエキゾチックで、珍しいものに見えるからです。

◇はじめは翻訳サイトOK

はじめは翻訳サイトなどを使いながら文通を始めることになると思います。
そして、徐々に信頼関係を築きながら文通を続けていきましょう。なぜならば、はじめは相手もあなたのことをどんな人か分からず少なからず不安に思っているかもしれないからです。英語の勉強は二の次で、先生になってくれる相手に自分を知ってもらうことから始めなければいけません。

◇次に自分で辞書を使いながら英語を書いて、翻訳サイトで正しい英語か確認

でも、相手との文通に慣れてきたら次のステップとして、自分で辞書を使いながら英語を書いてみましょう。やはり自分で書くチカラを養うことも英語上達には絶対に必要です。

汗をかきながら一生懸命に英語の文章を書ききったら、次にあなたが書いた英語を翻訳サイトで日本語に翻訳してみます。
そして、ある程度、理解できる日本語が出てきたら、OK。意味が全く分からない文章が出てきたら、その部分ややり直しです。

この繰り返しで英語の正しい書き方が徐々に身についてくるでしょう。

◇最後のステップとしてSkypeに挑戦

1年ほどペンパルと文通が続いたなら、最後のステップとしてSkypeで相手に電話をしてみるとよいと思います。
この時期にくれば相手との信頼関係も十分に完成しているはずですから、多少、あなたの英語が分からなくても相手も忍耐強く聞いてくれるはずです。
外国人というのは面白いもので、一生懸命に自分の母国語で話そうとする相手には優しくしたくなるものです。ですから、安心して電話に集中することができます。

電話で英語を話すというのは実はかなり難しい作業でもあります。
なぜなら、相手の表情やリアクションが見えないので、英単語が少しでも聞き取れていないと理解できないからです。
その点、必死に聴こうとしますから英語の訓練としては最高で、1週間に1~2回でもSkypeで英会話の練習をしていれば、グングン英語が上達します。

≪ポイント≫
はじめは翻訳サイトの力を借りる。徐々に自分の英語の習熟度確認のために翻訳サイトを使う

いかがでしたか?無料で英語を勉強することは実はそれほど難しいことではないのです。