特集⑬ 彼氏からプロポーズされる効果的な方法



連載!あなたの恋をステップbyステップでレクチャー

記事執筆:野本さん

恋の達人・野本さんを『@koipit』にお招きして、恋の出会いから育て方、幸せなゴールまで、そのステップに応じたテクニックを連載していただきました。どうしたらあの男性を振り向かせることができるの?どうしたらデートにうまく誘ってもらえるの?など、あなたのどうしてをクリアにしましょう!

婚活という言葉があるように、現代は戦略的にならないと結婚できない時代になってきていますよね。
ですが、そんな中でもきちんと結婚できている人は多く存在します。
それでは、プロポーズされる女性になるには何が必要なのか、一緒に考えてみましょう。

その1、胃袋をつかめ

男をつかむならまず胃袋からとは昔からよく聞きますが、実際、食事は生活するうえで欠かせないものですし、夜、家に帰ってきたら美味しい食事が待っているなんて男性からしたら嬉しいことですよね。
「わたしと結婚したら毎日こんなに美味しい食事が食べられるのよ。」と言うように、彼の家に行った時や自宅に彼を招待した時、あなたの自慢の手料理を振舞ってみてはいかがでしょうか?

その2、マッサージで癒す

一日働いて疲れた体を愛する彼女の手でほぐしてマッサージしてもらえると、彼のあなたへの感謝の気持ちや愛しさも増しますし、自然なスキンシップで意識される事も期待できます。
頻繁にマッサージをしてあげていると「お前のマッサージがないと生きていけない」といわれる方もいるように、彼はあなたに一生一緒にいてほしいと思うようになるでしょう。

その3、あなたから結婚したいと意思表示する


女性にとってはとても勇気のいることかと思いますが、結婚前の膠着状態から脱出するには、なにはともあれ「結婚したい」と意思表示することが先決かと思います。

やっぱりプロポーズされたいのが女心では?と思う方も多いとは思いますが、相手が自発的にプロポーズしてくれそうなタイプならのんびり待ってみてもいいかもしれませんが、結婚に限らず、結論を出さざるを得なくなるまでは先送りにする男性は

女子が想像している以上に多いですから、自発的にプロポーズをするかどうかで愛情の有無を測っていると、ちょっと優柔不断だけれど浮気もしないし責任感もある優良物件をもれなく取り逃がすことになるので、もったいないです。
また、男性にとっては結婚の話題は大なり小なり重たさを感じるもの。

なので、努めて軽い表現がいいでしょう。前フリはとくに必要ありません。
むしろ、唐突に「ところでさ」と切り出したほうが、相手の本音が見えるのでいいでしょう。

その4、幸せな結婚生活をイメージさせる

必ずしもプロポーズをしない=プロポーズをしたくないというわけではありません。プロポーズの必要がないと考えているケースもありえます。

交際はいたって順調なのに結婚の話にならないということは、つまり、彼を満足させすぎているのかもしれません。

この問題を解決させるには、結婚すれば今よりさらに楽しい未来が待っていることを彼にイメージさせることが重要です。

例えば、おじいさんおばあさんになったときの話やふたりの子供の話などのもしもの話が有効的です。今も十分に幸せだけど、今のままでは手に入らないものがまだまだいろいろあることに気づかせてあげましょう。

その5、家族や友人など周りの人を味方につける

彼の家族や友人を味方につけることが、彼に結婚を意識してもらうために重要なことなのです。
もし、長く付き合っている彼がいるのに、結婚の兆しが見えないという人がいるのであれば、彼との関係が閉鎖的になっていないか見直してみてください。ふたりだけの時間も大切ですが、周りの人にふたりの関係をオープンに紹介することで、何か進展があるかもしれません。

このように、彼に結婚を意識させる事も結婚に向けての近道になるかもしれません。

恋愛STEPで学ぶテクニック記事一覧

 


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る