特集⑨ 彼氏との恋をさらに発展させる方法(壁を乗り越える編)



連載!あなたの恋をステップbyステップでレクチャー

記事執筆:野本さん

恋の達人・野本さんを『@koipit』にお招きして、恋の出会いから育て方、幸せなゴールまで、そのステップに応じたテクニックを連載していただきました。どうしたらあの男性を振り向かせることができるの?どうしたらデートにうまく誘ってもらえるの?など、あなたのどうしてをクリアにしましょう!

 

手放したくない女になる

さて、告白を経て恋人へと発展したわけですが、その恋を更に発展するにはまず女性の方が相手が手放したくない女になることが必要ではないかと思います。
単に手放したくない女といっても、ピンと来ない方もたくさんいますよね。ですので順を追って説明していきたいと思います。

彼氏を励ましてポイントアップ

まず一番にあなたの頭にも出てきたであろう「励まし系」。
例えば彼が新しい試みをしようとしているとき、例えば彼がビジネスに失敗した時、例えば彼が壁にぶち当たった時、そんな時に影ながらそばで支えてくれるあなたを彼は手放したいと思うでしょうか。

恋愛をしていれば恋愛の中だけでも沢山の事が起こるのに、恋愛と仕事とプライベートの3つを上手く両立できる人はあまり多くはないかと思います。
もちろんこれを読んでいるあなただって、何かの壁にぶち当たる事があるかもしれません。

何かを失敗して落ち込んだり、何か新しい事に挑戦する事になって不安を抱えることもあるかと思います。そんな時彼がそばにいてくれたら、それだけで百人力ではありませんか?

男性も同じなのです。前向きに励ましあいながら恋愛も発展させていけたらいいですね。

ポジティブさをアピールして好感度向上


前の励まし系にも似ていますが、「ポジティブさ」です。
最近の困難な経済状況に不安を抱えながらも養っていかなければと一人黙々と働き続ける男性は、実はものすごいプレッシャーを感じているのではないでしょうか。

もちろん女性にもプレッシャーがないかといえばそんなことはありませんが、いずれは一家の大黒柱になると思うと男性の仕事へのプレッシャーは多大なものでしょう。

そんな時に「あなたなら大丈夫。」「きっと上手くやれる。」とそばでポジティブな言葉をかけ続けてくれたり支えてくれる存在はきっと彼の中では大きなものになっているのではないでしょうか。励まし系でもポジティブさでも、お互いがお互いを尊重し合い、支えあえる存在になれれば恋愛も上手くいくのかもしれませんね。

恋愛ごとに引きずられずに、自分というものを持っている女性もまた、とても魅力的で手放したくない女性といえるのではないでしょうか。

自分らしい人生を自分らしい姿で生きる、恋愛ごときではぶれない「芯を持った女性」というのはフリーでもカップルでも既婚でも、とても魅力的なものです。
慢心するではなく、自分は愛されるにふさわしい女性なんだと自分に自信を持っている女性はある意味愛され上手な女性なのではないかと思います。

異性同性限らず、こういった人に他人は惹きつけられるものなのではないでしょうか。そんなあなたを彼が手放したくなるかと問えば答えは否しかありません。

自分に自信を持って、ピンと胸を張って前を向き、自分の道を歩いていく女性になれるよう努力してみてはいかがでしょうか。ですが勘違いしてはいけないのが、自分をちゃんと持っているのと頑固なのは違うということです。

この違いに気付けなければあなたの成長は止まったままなのです。
きちんと自分の非は認められて、なおかつ自分はどういった人間なのかをポジティブに捉えられている女性になれたらいいですね。

周囲への気配りを見せて世話好きアピール


何よりも大事なのは周囲への感謝や気配りを忘れない女性は魅力的に感じるものではないでしょうか。
自分の両親や親族へもそうですが、相手方の両親や親族への気配りも出来る女性は、付き合って、結婚して、その先もずっと、男性側からしても愛らしい存在であるし、周囲も支えてあげたい対象になり得る事でしょう。

色々と書きましたが、男性が手放したくない女性というのは異性同性関係なく理想的であり身近であり、至極当たり前なことしか言っていないのです。
当たり前のことを当たり前にできるのは本当はすごく難しいといいますが、その難しい事を成し遂げてこそ、恋愛を発展させられる、または人間としてとても素敵な女性になれるのではないでしょうか。

 

恋愛STEPで学ぶテクニック記事一覧

 


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る