特集⑧ 気になる男性に告白させる方法(最後の一押し編)

連載!あなたの恋をステップbyステップでレクチャー

記事執筆:野本さん

恋の達人・野本さんを『@koipit』にお招きして、恋の出会いから育て方、幸せなゴールまで、そのステップに応じたテクニックを連載していただきました。どうしたらあの男性を振り向かせることができるの?どうしたらデートにうまく誘ってもらえるの?など、あなたのどうしてをクリアにしましょう!

どう考えてもあなたのことが好きなのが見え見えなのに、あと一歩告白に踏み出してくれない。

そんな時は、あなたの方から彼の背中を押してあげましょう。

ストレートに聞くことも大切

「私の事どう思ってるの?」とストレートに聞いてみましょう。
そして好きだと言いやすいチャンスを与えるのも大事な事。ちゃんと相手の目を見て「どうか好きだと言って欲しい」と想いを込めて聞いてみましょう。

仮に「優しい人だなと思うよ。」と言った風にはぐらかされてしまった場合は「恋愛感情としてはどう思ってるの?」と再度チャンスをあげると同時に逃げ場を隠してしまいましょう。

もしも「あなたはどう思ってるの?」と聞き返してきた場合は、告白されるという事は諦めて、あなたと彼との関係の方を優先してきちんと好きだと伝えてみましょう。
駆け引きが上手な人ならば「多分あなたと同じ感情だと思うよ。」と思わせぶりな言い方をしてみてもいいかもしれませんね。

自信をつけさせてあげる


「あなたの○○な所が好きだよ」と相手を褒めて自信を付けさせると同時に、好きという単語で告白を意識させて相手が告白しやすいよう整えてあげましょう。

褒めて伸びるタイプにはとても有効的ですし、意地悪な彼の場合「○○な所だけ?」というように既にあなたと両想いなのは分かった上で反論してくる人もいますので、この場合ある意味告白されたと取って、「全部が好きだよ!」っと答えてしまいましょう。

もしかしたら相手は面食らって負けを認めてくれるかもしれません。

「ひょっとしてわたしのこと嫌い?」と逆の問いをぶつけてみるのもいいかもしれませんね。もちろんあなたの事が好きな彼は「嫌いじゃないよ!」または「好きだよ!」と答えてくれるかもしれません。

仮に嫌いじゃないと答えた場合は「じゃあわたしのことどう思ってるの?」と逃げ場をなくしてしまいましょう。

最後に背中を押してあげよう


「わたしは○○くんのことが好きだよ。」とストレートに告白するのは最終手段にして鉄板です。

告白されるという趣旨には微妙に違うかもしれませんが、もしかしたら彼の方から「俺が先に言おうと思ってたのに。」等の言葉が返ってくるかもしれません。
何より建前がないのはあまりいいとは言えませんが素直な女性は誰が見ても可愛いものです。
自信を持って、彼に気持ちを伝えてみましょう。

様々な方法で背中を押してみましたが、注意して欲しいのは試されるような言い方されるのは嫌いという男性もいるということを忘れずに、背中を押すのと試すのは違うと認識した上でやりすぎないよう気をつけて背中を押してあげましょう。