特集③ 気になる男性と親密になる(メール・LINE編)



連載!あなたの恋をステップbyステップでレクチャー

記事執筆:野本さん

恋の達人・野本さんを『@koipit』にお招きして、恋の出会いから育て方、幸せなゴールまで、そのステップに応じたテクニックを連載していただきました。どうしたらあの男性を振り向かせることができるの?どうしたらデートにうまく誘ってもらえるの?など、あなたのどうしてをクリアにしましょう!

電話、メール、LINE、Skypeのメリット・デメリットを理解しよう

みなさん電話をかけると声が弾んだり電話を切った後妙にテンションが上がっているということがありませんか?

電話は声で交流する分、対面して交流するより気を遣うので話している最中や話し終わった後に舞い上がってしまっているということが多くあります。メールではあまりここまでの高揚は感じられませんよね?

つまり気になる相手と親密になるにはメールよりも電話の方がいいということなのです。

最近ではLINEやスカイプといった無料通話のツールもあるので通話料金を気にしながら少しだけしか話せないということもなくなってきたのでそれも利点ですよね。

おまけにLINEにしろスカイプにしろ電話での通話にしろ、人によって距離や場所関係なく電波の状態や通話の良し悪しが違いますから、気になる人と通話してみて状態が良かったりすると嬉しさも倍増ですよね。

それでは通話の良さをわかっていただけたところで、ぜひ通話の利点を自分のものにしてみましょう!

TPOは絶対に忘れずに


仕事の電話の後に気分がシャキッとしているのはビジネスの電話には明確な目標があるのでそれを達成させたという気持ちからシャキッとした気分になりやすくなります。

それに対しプライベートの電話では、「相手が今は忙しいかも」「疲れているかもしれないからやめといた方がいいのかな」などと相手の顔色を伺って中々通話をかけられずにメールですますという人も少なくはないでしょう。

ですが考えてみてください。

相手のタイミングをはかるなんて事は、対面していてさえ難しいことなのに、声も聞えない状況下でわかるわけがないでしょう。

それに気付かずにいつまでも相手のタイミングを伺って通話をと考えているといつの間にか通話が苦手、嫌いという意識に変わってしまうのです。

ですからつまり、通話はいつかけてもいいのです。どうしても気になるのなら通話前にメールで一報入れればいいのです。

もちろん仕事中や深夜などの非常識や相手の迷惑と思われる時間帯や相手の都合を考えないで通話をかけるのはお勧めできませんが、TPOを踏まえたうえで、自分の意識を「通話はいつかけてもいいもの」というものに変えましょう。
なぜなら、通話を拒否する権利を相手も持っているので、出れないときは出なければいいのですから。

そうすれば通話が苦手という意識もなくなるでしょう。

相手の立場に立って考えることの大切さ

では通話をかけるという意識がなくなったことで次に出てくる問題が、「通話をかけても相手に拒否されたらどうしよう」ということです。

拒否されたのは通話するという事象についてなのに、あなた自身が拒否されたような感覚に陥る人も少なくはないでしょう。

そうなれば、通話は心苦しいものという認識になってしまいますよね。ですがそれは、あなたが相手の都合を認めていないからなのです。そしてそれと同時に自分の都合を認識できていないという事にも繋がります。

今通話をかけているのは自分なのだという認識を持つことで、相手の都合も尊重することができ、仮に断られてもそれだけのこと、通話を断られた事に気持ちは関係ないと分けて考えられるようになるのです。

メールだと相手の都合のいい時に見たり返したり出来るからメールがいいという人は、逆に自分もメールのような一定の距離を持った関係を築きたいという場合に多いですよね。

ですが通話はメールで伝えるまでもないような内容も話題にでき、それが自分にとって有益な情報になりえる場合もあります。

それに通話はかけてもらうだけでとても嬉しい気持ちになれますよね。もちろんそれは相手にも同じことが言えます。

通話のように一対一で二人だけの特別感を味わえるのもいいですし、それは通話でしか成り立たない状況だったりもします。

相手の特別な人になりたいと思えば、自分から通話でアピールしてみるのはすごくいい方法だと思います。

恋愛STEPで学ぶテクニック記事一覧

 


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る