彼氏を育てる分野別テクニック (コミュニケーション力ゼロの男編)



最近たまにいますね。コミュ力の無いタイプの男性、意外に見た目も行動も普通、いやむしろネットなどで情報を得る分、普通の人よりきちんとしていたりするんですよね。
しかし、このタイプ、いざ話そうとすると心の壁が高いんですよ。そんな彼とつき合っている人、結構「選ばれた人」だと思っていいのではないでしょうか。

コミュ力の低い人は、相互やり取りがあまり出来ないので、人に心を開く感覚に乏しいのです。それをうまく引き出して、信頼を得ているというのは1つ大きなポイントだったりします。
そんな彼を最低限の人付き合いに問題が無い人に育てて上げられる可能性を考えてみたいと思います。

自己中心的な妄想を治す

まず第一に、このタイプは、妄想歴が長すぎて、人の話や行動を勝手に解釈する傾向があるんです。

例えばファストフードショップで店員さんにぞんざいに扱われたとき、「僕は嫌われているのか」「早くしてくれないかな、「僕が」待っているのに」

・・待っているのは、あなただけではないんです。そして店員から見れば大勢いる中の客の1人。

それ以前にマニュアルがあります。しかしそんな認識をいきなりぶつけては、プライドが崩壊します。
「あの人も忙しいんだと思うよ」と「優しい他人目線」を添えてあげましょう。上の文のように理詰めで追い込んではいけません。
「こういう仕事も大変だよね」

恐らく初はぴんと来ていませんが、繰り返しが大事です。
「あの人たち、もっと待ってるよね」という他の客を意識させるのも有効です。

思い込みや「こうあらねばならない!」を是正する

ファストフードやチェーン店など「一般的な場所」という設定は有効です。
自分の思い込みで生きているので「マニアな店」と言う他人の価値観が入り込んだ場所はいろいろな意味でややこしくなります。
もちろんショッピングモールも同じ意味で有効です。
彼はあなたのことを「こうあるべき」と思っているかもしれません。しかし大勢の人がいる場所では、いろいろな振る舞いをする人を見つけられます。
例えば「髪の色が明るすぎる」「買い物なんてどうでもいいのに」などと言われた場合、「他の人もやってるよ」が通用します。

彼氏があなたの行動を家で検索する可能性もあります。それを考えると舞台は一般的な場所の方がよいのです。
キャラクターの立った人のお店行きなどマニアックなことはNGです。

上記からスタートしなければならない場合、とりあえず2人の関係に問題が無いステージ作りに専念しましょう。
このタイプで仕事を普通にしている人の場合、感覚的に仕事の世界、と家族の世界の人間関係しか持ち合わせていない可能性があります。
おそらくあなたへの感覚は家族でしょう。うっとおしい場合は、傷つけないようにきちんと距離を置きましょう。
中略「心の中へ土足」という可能性も大きいです。既にそうかもしれません。
「トイレ行くの?」と言われたら「人前では言わないでね」と言いましょう。

物理的に距離を近づけるのも要注意、オスの本能は、とりあえず遠ざけるようにしてくださいね。解りやすい「健康デート」からスタートです。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る