お金を上手に運用するための銀行活用法4つ



お金を銀行に貯金している人は多いと思います。
しかしながら、そのお金を投資に回している人は稀でしょう。
現在、銀行に預けても低金利のためほとんど増えません。
そこで、銀行にお金を預けるだけでなく投資に回してみてお金を増やそうと考えている人はこれからさらに多くなってくるでしょう。
いわゆる資産運用です。資産運用でさらにお金を増やしましょう。

■株式投資
有名な資産運用の方法として、株式投資があります。株式投資は、株式上場している企業の株式を売買することによりその株式の売買益、
優待や配当金で資産を増やす方法です。2014年1月、NISA(ニーサ)こと少額投資非課税制度がはじまったことにより、以前より株式投資
に参加しやすくなりました。NISAは簡単に言うと、ある一定額の取引まで税金がかからないという制度です。リスクとしてはリーマンショ
ックなどの金融危機の際、資産を大きく減らしてしまう可能性があります。

■投資信託
投資信託は、プロの投資家にお金を預けて運用してもらう方法です。株式投資のようなリスクもあり、またプロに運用してもらうので各種
手数料がかかります。しかしながら、一から勉強する必要があまりないので自分で運用するより確実な方法かもしれません。購入の手数料
がかからないノーロードという商品もあります。

■FX
FXは、外国為替証拠金取引のことです。二国間の通貨を売買することにより利益を出す方法です。少額で投資してもレバレッジという
投資額を最大25倍にする手法があり、大きな利益を出すことができます。しかしながら、レバレッジをかけると損失も大きくなるので
注意です。その他にもスワップポイントで儲ける方法もあり奥が深い投資方法です。

■外貨預金
日本の銀行の金利は低いですが、まだまだ外国では金利が高いところがあります。そのような国でよきんすることを外貨預金という方法
もあります。
日本で預金するよりリスクは高くなりますが、金利は高くなるので日本で預金するより大きな運用結果がでます。

この他にも投資方法はありますが、代表的なのをあげてみました。
資産運用を行う際にはひとつの方法に投資するのではなく、複数に分けて分散投資を行いリスクを分散することが大事です。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る