彼氏を育てる分野別テクニック (金銭感覚が放漫な男編)

金銭感覚がおかしい彼氏

男は育ててなんぼ!昔でこそ、『俺の女に染めてやる!』みたいなコトバが踊っていた時代はありますが、世の中、今も昔も実は女が回しているもの。
だからこそ、密かに自分好みの男に育ててこそ女の醍醐味というものです。

そこで、上手な男の育て方について、育てたい男の分野別にテクニックをご紹介します。
今回のテーマは金銭感覚が放漫な男子の育て方です。

お金を与えないこと!

まず、金銭感覚がゆるく金遣いがあらい男と一緒になってしまったら。絶対にお金を与えてはいけません。

これは、どうすればよいのでしょうか?

お金はもらっているはずなのに趣味や友達付き合いにどんどん散在してしまう男っていますよね。たまのデートでも何かと高い店ばかり選んでしまったり、ありったけのお金を使ってしまうケース。こういう男の場合は、デートで「私が出す」や「お金に困ったら言ってね」などとは絶対に言ってはいけません。

往々にして見栄を張るタイプなので、お金を出してあげればあげるほど、どんどん見栄のレベルが上がってきてしまっています。

しまいには、俺のためならいつでもお金を出す都合のよい女としてみなされてしまいかねません。

節約しているあなたの姿を見せること

金銭感覚が放漫な男と付き合ってしまったと思った場合は、お金を出さずに、こまめに節約している姿をさりげなく見せる工夫が必要です。
その時に、絶対に口で節約しているということを言ってはいけません。あくまでもさりげなくです。

あなたのさりげなく節約をしている姿をみて、それを健気な奴。かわいい奴と思わせることができればシメたものです。
特によどほ鈍感な男でなければ、絶対にあなたが節約していることに気が付くものです。ただし、口で言ってしまうとヘソを曲げてしまうのも男の困ったサガですから、100円貯金をして見せるや、『将来、結婚したいから節約でお弁当を作ってるんだ!』など、男のプライドを壊さないように工夫しながら育てるとよいでしょう。

小遣い制で予防策

ちなみに、結婚している場合は、絶対にお小遣い制にしましょう。
最近は夫婦別財布制の家が増えているそうですが、これは夫や妻によほどの収入があって、金銭感覚が放漫でも家が傾かない場合のみ。

サラリーマン家庭の場合は、お小遣い制にすることによって、奥さんの方がイニシアティブをとることができます。
男なんて見栄っ張りでプライドが高いものですが、細かいお金の管理は苦手なもの。最初は二つ返事でOKするでしょう。
そうやって、お財布を握ってしまったら後は簡単で、奥さんに良い顔をしなければお金をもらえないので、奥さんを大切にするようになります。
そして不満を漏らしながらも密かに管理してもらっている心地よさを感じるようになるのです。

自分に振り向かせつつ金銭感覚をコントロールするテクニックを磨きましょう。[写真:JSmith Photo]