合コンで嫌われる女子の典型パターン3つ

そろそろ結婚したい。
合コンにでも参加して、素敵な彼氏をゲットしたい!
そう意気込んでいるあなた。でもちょっと待って、合コンに参加する前に心構えを知っておいたほうがいいかも。

特に20代後半から30代の独身女性は、結婚願望が強まるあまり合コンで失敗することも。
自己アピールはいいけれど、主張しすぎると恋愛対象から外れるなんてことも…。

失敗しがちな女性の合コン場面をピックアップしました。
自分が当てはまらないかチェックしてみましょう!

おしゃべりな人は控えめに!

場を盛り上げるためにもムードメーカーは必要であり、特にシャイな人たちにとってはありがたがれる存在。
コミュニケーションによってお互いのことを知れるし、会話を繋げていくのは大切なこと。
でも、話し上手とおしゃべりは似てるようで大分違います。

自分の話ばかりしようとせず、相手の話もちゃんと聞いて相槌をうつこと。
自然な会話の流れなら良いですが、相手のプロフィールに対する質問攻めも相手が負担に感じたり、探っているように見らるので注意を。

また、一人だけが止まることなく喋ると、空気が読めない人と思われます。
みんながしゃべりやすい空間作りもすることも大事なことです。

世話焼きな人、または全く動かない人は注意を!

例えば鍋をみんなで頼んだりすると、世話好きな女性は男性陣の分をお皿に取り分けます。
一見気の利いた行動に見えますが、実はそれを負担に感じる男性もいるのです。
取り分ける前に一言、取りましょうか?と確認してからだと印象も良くなり、強制的に押し付ける優しさにはなりません。

逆に、なにも気づかないふりをしてじっとしている女性もNG。
せめてとなりや前の人のお酒が空いたら、進んでついであげましょう。
それだけで気が回る女性として好感が持て、男性は気になるキッカケにもなることも。

男性陣が奢って当たり前!な顔をしない。

合コンは男性陣が奢ってくれるか、割合は多く払って欲しい。
女性ならそう思うのではないでしょうか。

でもそれを顔に出したらダメ!
お会計の際には、お財布を手元に出し自分も支払いますという意思表示を見せましょう。

男性陣が持ってくれることになったら、素直に感謝の気持ちを伝えましょう。
男性も女性のそういうところは見ていないようでも見ているのです。

以上、当てはまると合コンで失敗するパターンをご紹介しましたが、あなたは当てはまるものがありましたか?
共通する大事なことは、相手のことを思いやり言動することです。
もし当てはまる女性がいたら、次回の合コンでは改めるように注意してくださいね!