今話題!女性に囲碁が人気な理由と魅力とは?

知人がこれからカフェに行くというのですが、なにをするかというと、そこで囲碁を打つというのです。

彼女は学生時代囲碁部だった、ということはありません。そのカフェで初めて打ったということでした。やってみると案外楽しかったと話していました。

そこで、本日は、いま密かな話題の囲碁についてご紹介します。

女性向けの囲碁が人気

囲碁ガール、なる言葉もあり、と聞いた時には、また森ガールやらなんやらを追いかけて、むりやり流行らせようとしているのか、という意図を感じさせるものだったのですが、初心者用として6×6の小さな碁盤もあり、ハードルは低いそうです。

ルールも、かんたんにルールを覚えてしまえば、あとはカフェの他のお客さんや店員さんなど上級者に見守っていてもらえばすぐに打つことが可能だということでした。それこそオセロよりもずっとハードルが低いゲームとして楽しめるというのです。

大学の授業に囲碁を採用している学校があるのをご存じでしょうか。東京大学、早稲田を代表として、他にも多くの大学が採用しています。

それだけではなく、小学校や中学校でも採用されているのです。中国や韓国では、思考力を鍛える効果があるのは常識とまでされており、いまや国際的な対局では、日本の棋士は中国韓国には勝てないくらい力の差がついてしまいました。

囲碁は、江戸時代よりもずっと前、平安時代から楽しまれていたゲームとして知られています。あの「枕草子」や「源氏物語」にも登場しているのです。

現代は男性が多い

ところが現代では、なぜかお年寄りが楽しむゲームとして知られています。そしてその中でも女性はとても少ないのです。

そのため、囲碁のルールどころか、プレイしている様子を見たことがある女性も少ないのではないでしょうか。

囲碁は、男性ばかりなのです。

つまり、囲碁カフェのお客さんも、男性が多いわけです。そこへ女性が通えばどうでしょう。特に若い女性が通えばそれだけでかわいがってもらえるにちがいありません。当然、碁会所、ではなく囲碁カフェですから男性客の平均年齢も下がってきます。趣味だけではなく、婚活の場として考えることもできるのではないでしょうか。

女性におススメする理由

しかし、忘れてはいけないのは、単純に、囲碁というゲームの魅力です。

将棋などと違い、白と黒の石しかありません。つまり、非常に直感的なゲームとして楽しむことができるのです。もちろん上級者に鳴るためのステップはありますが、ただ楽しむだけなら別です。iPhoneなどスマートフォンに親しむ現代向きと言えるのではないでしょうか。

また、囲碁をプレイしてみると不思議なことに気づきます。
ある程度強くなると、一年、二年打たなくてもあまり弱くならないのです。
このあたりが、お年寄りのプレイヤーをうむ理由かもしれません。

総合的に考えると、囲碁を新しい趣味として選ぶ人は、むしろ男性よりも女性にメリットがあるかもしれません。